未分類

通勤時間ほど無駄なものはない!と考えるあなたに伝えたい逆転の発想

通勤時間ほど無駄なものはない!と考えるあなたに伝えたい逆転の発想
通勤が苦痛で悩んでいる人

通勤時間がマジで苦痛。身動き取れない満員電車に揺られて毎日往復2時間。周りには汗臭いおっさんもいて精神的にもツライ...。「通勤時間の活用方法でおすすめなのが読者やスマホで映画を見ること!」とか書いてある記事、絶対満員電車乗ったことない奴が書いてるだろ...。そんなことできるなら遠くの昔からやってるわい。なんとか解決できないだろうか...。

 

総務省の社会生活調査によると、国民の通勤時間の平均はなんと68分。

特に関東圏は通勤時間は長く、一番の神奈川県はなんと105分です。

 

主な都道府県平均通勤・通学時間
全国平均68分
神奈川県108分
千葉県102分
埼玉県96分
東京都94分

 

通勤時間が無駄だと感じる背景には、以下のような理由が挙げられるでしょう。

  • 決まった時間に満員電車に揺られてストレスが溜まる
  • 移動時間中は何もできない
  • 睡眠不足で仕事のパフォーマンスが落ちる

 

しかし、ここで逆転の発想をしてみましょう。

もし、通勤を必要としない仕事があるとしたら...?

 

通勤時間が無駄だと感じるなら、そもそも通勤しなくていい職業に就けばスッキリ解決できるのでは...?

「そんな都合のいい仕事があるの?」と思うかもしれませんが、実はあるのです。

 

初めまして、当ブログを運営しているドナと申します。

かつて私は片道1時間半の通勤に苦しんでいましたが、コロナ渦ということもあり、今は在宅勤務でストレスフリーに過ごしております。

 

ここでは、通勤時間が無駄な理由と通勤時間をなくす方法、そしておすすめの職業を紹介します。

この記事を読めば、通勤とは無縁の生活を送るヒントが見つかりますので、ぜひ最後までお読みください。

 

 通勤時間が無駄と感じるなら通勤しない方法を探すのが良い理由

無駄な通勤時間を減らす上では、次のような対策が考えられます。

  • 会社の近くに引っ越す
  • 通勤時間を他のことに活用する
  • 会社を辞める

ただし、これらの方法は本質的な解決になりえないケースが多いので、あくまで参考程度にしてください。

 

会社の近くに引っ越す

会社の近くに引っ越すのは、通勤時間を減らす最もオーソドックスな方法の一つです。

私の友人でも片道2時間の通勤に耐えられず、会社から徒歩5分の場所に家を借りた人がいます。

 

しかし、できるなら最初から行動に移しているのではないでしょうか。

会社の近くとなると都心部であるケースが多いため、高額な家賃を支払わなくてはいけません。

山手線圏内だと最低家賃は月10万円以上かかります。家計の圧迫は明らかでしょう。

 

また、職場の近くに住むと仕事のストレスが増える可能性があります。

例えば仕事で急な呼び出しがかかるのも、職場から近い人でしょう。

夜遅くまで残業しなければいけない場合、家が近ければ「終電があるので帰ります」という手も使いにくい。

 

このように、会社の近くに引っ越してたら通勤時間は減らせるかもしれませんが、別のストレスに悩まされる可能性が高いです。

 

通勤時間を何か他のことに活用する

通勤時間中に何か別のことをして有効活用すると言う手も考えられます。

  • 読書
  • 勉強
  • ゲーム

しかし、満員電車で本を開いたりゲームをするのは難しいでしょう。

仮に電車の中が空いていたとしても、仕事帰りだと疲れがたまって何かをする気になれないかもしれません。

 

まだゲームなら気分転換で楽しめるかもしれませんが、毎日電車の中でゲームばかりして残るものがあるのでしょうか?

そんな生活をしていたら、ずっと通勤地獄から抜け出せないままになってしまいます。

 

会社を辞める

少し思い切った決断ですが、会社を辞めて転職するのも通勤の無駄を無くす手段の一つです。

例えば、全国転勤が当たり前の企業だと、たとえ会社の近くに引っ越せたとしてもまた遠方地へ転勤させられるリスクがあります。

古い体質の会社であれば出社することに意味があると考えているケースもあるので、いつまでたっても無駄な通勤から抜け出せません。

 

そんな会社が変わる見込みは少ないので、思い切って転職するのはアリです。

ただし、会社を辞める際には細心の注意を払わなくてはいけません。理由は次の2つ。

  1. 年収が下がる可能性がある
  2. 前職よりも通勤に悩まされる

業界や職種にも寄りますが、転職したら年収が下がる可能性があります。

 

もし転職して通勤のストレスを減らせたとしても、給料が下がって生活のゆとりがなくなれば、何のために会社を辞めたのか分からなくなるでしょう。

また、転職先が不便なところであれば、通勤を余儀なくされる可能性もあります。

 

通勤が苦痛だから会社を辞めたいという意見には賛成ですが、転職先は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 

通勤時間ゼロ生活=通勤時間を他のことに活用できる

通勤時間ゼロ生活=通勤時間を他のことに活用できる

前述の通り、通勤時間を勉強や読書に当てたら、移動時間もそれなりに有効活用できます。

 

しかし、そもそも通勤そのものをなくすことができるとしたら、もっと時間を有効活用できますよね。

例えば在宅勤務であれば、以下のような時間は丸々無くなります。

  • 電車やバスに乗る時間
  • 身支度(化粧や服選びなど)
  • 職場で仕事の準備をする時間(制服・作業着に着替えるなど)

また、交通機関のダイヤの乱れのようなハプニングに遭遇しやすいのも、通勤の大きなリスクです。

僕も通勤途中に人身事故に遭ったり、腹痛で途中下車したりすることがあります。

トラブルに見舞われる心配をしていては、通勤時間を有効活用するどころの話ではなくなります。

 

しかし、自宅で仕事をして通勤を失くせば、もっと時間を有効活用できるでしょう。

  • 始業直前までゲームや読書
  • ゆとりを持って子供を送り迎え
  • 体調を崩した時にしっかり休める

通勤を無くせたら、生活の質は一気に上がります。

 

通勤時間の無駄を無くす方法=ITエンジニア

通勤の無駄を無くすのに最もおすすめなのが、ITエンジニアになること。

理由は2つあります。

  1. 在宅勤務しやすい
  2. 高年収も期待できる

通勤の無駄を減らせる特徴がたくさんあるので、順番に見ていきましょう。

 

在宅勤務しやすい

在宅勤務しやすいのも、ITエンジニアをおすすめする理由の一つです。

 

ITエンジニア主な仕事は、プログラミングでWebサービスを開発することなので、パソコンとネットがあれば場所を選ばず働けます。

特にWeb系の会社であればフルリモートを認めていることは多く、中にはオフィスそのものを持たない会社もあります。

 

セキュリティが厳しい会社だと出社を義務付けている場合もありますが、近年は新型コロナウイルスの影響で出社回数を減らしているケースも少なくありません。

 

実際テレワーク中心になったエンジニアの声を聞いても、在宅勤務の良さを評価していました。

 

https://twitter.com/yamada_ya_study/status/1461477821768155138

 

通勤の無駄を無くす一番の方法は、家で仕事をすること。

パソコン一台で仕事ができるITエンジニアは魅力的と言えるでしょう。

 

高年収を期待できる

ITエンジニアは若くして高年収が期待できる仕事の一つです。

大手フリーランスエージェントのレバテックフリーランスの調査では、登録しているフリーランスエンジニアの平均年収は862万円。日本の正社員の平均年収より倍近く稼げます。

仮に5年くらいフリーランスで経験を積めたら、月収が100万円を超えるケースも珍しくありません。

 

引用:エンジニアスタイル東京

高年収な理由として、今の日本が深刻なIT不足に直面していることが挙げられます。

平成28年に経済産業省が公表した資料によると、2030年に約79万人のIT人材が足りなくなるとの試算を出しています。

加えて前述の通り、プログラミングで挫折する人が後を絶たないため、自然に待遇が良くなっているのです。

 

「高年収を稼ぐなら商社やコンサルへ転職すればいいのでは?」と思うかもしれません。

ですが、これらの職業はリモートワークはおろか、全国転勤や長時間労働が当たり前になっています。

たとえ年収が1000万円を超えようとも通勤のストレスから逃れることは難しいでしょう。

 

しかし、リモートワークもできて高収入を稼げるITエンジニアであれば、お金と時間の両方を手に入れられます。

「家で仕事をしたいけれど収入は上げたい」「趣味や家族との時間にもガッツリお金をかけたい」という人に、ITエンジニアはおすすめです。

 

興味ある人が次にとるべき行動とは?

興味ある人が次にとるべき行動とは?

「プログラミングとかやったこともないし、初心者だから無理だよ…」

「プログラミングは頭の良い人がやるもの。大した学力もない自分にはできない」

いきなりITエンジニアになれと言われても、こんな悩みを抱える人も多いかもしれません。

 

しかし、文系SEという言葉があるように、未経験からエンジニアになる人は多数います。

 

https://twitter.com/howstep_hikaru/status/1463193397418549249

https://twitter.com/kazu190603/status/1196264846792118278

https://twitter.com/syuukatsu2018to/status/1247797542785409025

 

未経験からエンジニアデビューするのに最もおすすめの方法は、プログラミングスクールに通うこと。なぜなら、プロから直接指導を受けられるからです。

 

プログラミング学習者の9割が挫折すると言われていますが、大きな原因は独学にあります。

初心者だとカンタンなエラーでも自力では解決できないこともあり、それがイヤでエンジニアになることを諦める人が後を絶ちません。

 

しかし、スクールでプロの講師に教えてもらえば技術の勘所も分かるため、独学より何倍も速く成長できます。

いきなりスクールに通うことに抵抗がある人はまず無料体験カウンセリングを受けてみましょう。

 

今はスクール間の競争も激しいため、無料相談と言えど勉強を始めるうえでの不安や業界の事情、カリキュラムの相談などかなり丁寧に回答してくれます。

 

 

どんなスクールがあるんだろう?と興味が湧いた方は、無料相談ができるスクールで優良スクールをまとめているのでぜひチェックしてくださいね。

無料体験できるスクールを探す

 

 注意:行動は早い方が良い

注意:行動は早い方が良い

「エンジニアになって在宅ワークをしたいけれど、今すぐ目指さなくてもいいかな。」

「もう少し生活にゆとりが出てから勉強しようと思う。」

この気持ちはとても分かりますが、行動するならなるべく早い方がいいです。

なぜなら、エンジニア転職は若ければ若いほど有利だからです。

 

ITエンジニアは転職がしやすい職種として有名ですが、30代を超えてからだと未経験の転職難易度は急に上がります。

 

30代以降でエンジニア転職がうまくいくのは、すでにエンジニア経験がある方がほとんど。

私の友人も36歳ですでに2回転職して年収アップしている人がいますが、前職のエンジニア経験を評価されているからです。

つまり、20代の下地が30代のキャリアにつながっているのです。

 

そのため「プログラミングは後からいいや」と後回しにして何年も行動しないままだと、手遅れになるかもしれません。

この記事の読者は、通勤の無駄から解放されたい方がほとんどでしょう。

もしここでエンジニアデビューのチャンスを逃したら、これからも無駄な通勤に悩まされるかもしれません。

通勤のストレスから解放されたい人は、この機会にぜひエンジニアへの転職を検討してください。

無料体験できるスクールを探す

 

-未分類

© 2022 ドナブログ Powered by AFFINGER5