プログラミング

プログラミングがつまらないと感じる5つの原因【10倍楽しくなる方法アリ】

プログラミングがつまらないと感じている人
「エンジニアに憧れてプログラミングの勉強を始めたんだけど、コードを書く作業が結構地味で、正直なんだかつまらない。」
「コードを書いても上達している感じもないし、作りたいものが作れるイメージも湧かない、始めたばかりなのにもう挫折しそう。」
「プログラミングが楽しくなるコツみたいなものはないだろうか?」

そういった悩みを解決します。

本記事で分かること

  • プログラミングがつまらないと感じる5つの原因が分かる
  • プログラミングが10倍楽しくなるおすすめの方法【実体験】
  • プログラミングがつまらないと感じる根本原因は手段と目的を履き違えている
  • プログラミングがつまらないを乗り越えるには目的を明確にする

記事の信頼性

この記事を書いている私はエンジニア歴8年で、今も開発現場でプログラミングをしています。

そういった経験から、プログラミングに向いている人の特徴を理解できているので、これから学習をしたい方々へアドバイスをお伝えすることができます。

 

プログラミングを勉強していると『プログラミングってなんだかつまらないなぁ』と感じてしまう人も多いかと思います。

この記事ではプログラミングがつまらないと感じる5つの原因とプログラミングが楽しくなる方法をお伝えします。

この記事を読むことで、プログラミングがつまらないと感じる原因を解決してモチベーション高く楽しんでプログラミングに取り組めるようになりますよ。

 

プログラミングがつまらないと感じる5つの原因

プログラミングがつまらないと感じる5つの原因

プログラミングがつまらないと感じてしまう原因は次の5つです。

プログラミングがつまらないと感じる5つの原因

  1. 勉強ばかりしてしまっている
  2. エラーの解決方法が分からない
  3. 文法や関数の使い方など覚えることが多い
  4. 難しいプログラミング言語を学習している
  5. 上達している実感が湧かない

順番に見ていきます。

勉強ばかりしてしまっている

プログラミングを勉強だと考えて学習サイトや参考書などでずっと勉強してしまうことは、つまらないと感じてしまう原因です。

プログラミングは学校の勉強とは違って暗記してテストで良い点数を取ることが目的ではないです。

特に初心者がやりがちなProgateのレベル上げやドットインストールの完了本数増やしは意味がなく、ただの自己満足です。

プログラミングは分からないことがあれば都度Googleで検索すればオッケーなので、ある程度勉強したらドンドン何かを作ってみるべき

プログラミングをずっと勉強しているとつまらないと感じやすいです。

エラーの解決方法が分からない

プログラミングをしているとたくさんのエラーにぶつかりますが、さんざん悩んでも解決方法が分からなかったりするとつまらなく感じやすいですね

アルファベットを一文字間違えただけとか、セミコロンを入れ忘れただけなのに、あなたが書いたコードは理解できない!とまくし立てるようなエラーメッセージが表示されます。

しかも表示されるエラーって大体意味が分からないし、原因となっている箇所とは違うところでエラーが発生しているように読み取れたり…

ネットで検索すれば解決策が見つかることが多いですが、英語のページしか見つからなかったり、、

そもそもどうやって検索したらよいか分からなかったりするのもつまづきやすいポイント。

エラーの解決方法が分からなさすぎることがプログラミングがつまらないと感じてしまう1つの原因です。

なおエラーを解決できる調べ方さえ分かってしまえばどうってことありません。『【超簡単】プログラミングが分からないときの解決法』の記事で解説していますので、ご覧ください。

【超簡単】プログラミングが分からないときの解決法
【超簡単】プログラミングが分からないときの解決法

続きを見る

文法や関数の使い方など覚えることが多い

プログラミング変数の宣言から条件分岐、さらには関数やライブラリの使い方など覚えなくてはいけないことがたくさんあります。

これが大変でつまらないと感じてしまうことがあります。

日常生活では使うことのない思考というか考え方が必要なので、せっかく覚えても少しプログラミングから離れてしまうだけですぐ忘れてしまうんですよね。

学生のテスト勉強と同じで、1度だけでなく何回も繰り返すことでやっと習得できる、そんなイメージです。

覚えることがたくさんあることで、記憶することが苦手な人はプログラミングがつまらないと感じてしまいがちです。

難しいプログラミング言語を学習している

プログラミングを初めて勉強するにもかかわらず、難しい言語を学習しているとつまらないと感じやすいです。

プログラミング言語には習得が簡単なものと難しいものがあり、初心者が難しい言語から始めると全然理解出来ずに高確率で挫折します。

習得が難しい言語の例

C、C++、Java

作りたいものが明確に決まっていて、そのために必要な言語を勉強するのであれば大丈夫ですが、ただなんとなくで上記のような難しい言語に手を出している場合は辞めましょう

習得が難しいプログラミング言語を学習しているとつまらないと感じやすいです。

ちなみに、初心者はどの言語から学習するべきか?という悩みですが、結論は『Web系の言語』から始めましょう。

Web系で使われる言語

HTML&CSS、Javascript、Ruby、PHPなど

詳しくは『プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】』の記事で解説しています。Web系の言語は習得難易度が低く初心者にはおすすめですよ。

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】
プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】

続きを見る

上達している実感が湧かない

プログラミングを勉強しているけどなかなか上達が感じられないこともつまらないと感じる原因の1つです。

例えばWEBページを作りたいと思って勉強し始めたものの、世の中にあるWEBページを見るとどうやって作ればよいか全然イメージが湧かない、、といった状態ですね。

というのも、プログラミングを習得するのに時間がかかるのは事実で、プログラミングができると感じるまでは結構ツライ。

どれくらい学習したら出来るようになるかというと、イメージ的には下記のツイート通り。

【プログラミング勉強時間とできることのイメージ】

~ 200h      あqwせdrftgyふじこlp

~500h  お?お?なんとなく分かるぞ?

~1000h 調べながらであれば作ることができる

1000h~ 何も調べなくてもコードが書ける

1万h Zzz… (カタカタ・・・)←寝たまま出来る

つまり、最低でも『200時間』は学習しないとできるイメージは湧かないですね。そこまではツライですがやるしかないです。

プログラミングは習得に時間がかかるため、勉強しているけどなかなか上達が感じられないので、つまらないと感じてしまいがちです。

プログラミングが10倍楽しくなるおすすめの方法【実体験】

プログラミングがつまらないから10倍楽しくなるおすすめの方法【実体験】

初心者がつまらなく感じやすいプログラミングも、ちょっとした工夫で10倍楽しく取り組むことができますよ。

プログラミングが10倍楽しくなる方法

  1. ペアプログラミングをする
  2. SNSで一緒に頑張る仲間を見つける
  3. どんどんものづくりに挑戦する

順番に説明しますね。

ペアプログラミングをする

ペアプログラミング』とは1人2組で共同のプログラムを書いていく方法です。

僕はプログラミングを楽しんで取り組むにはペアプログラミングをおすすめしています。

なぜかというと、1人でプログラミングをしているとエラーの原因が分からなくてイライラすることも、誰かと共有できるだけで笑いに変えられるんですよね

一人で黙々と作るより、友人と一緒に笑いながらもの作りするのって、控えめに言って最高に楽しいです。

楽しくプログラミングをしたい人はペアプログラミングを試してみましょう。

SNSで一緒に頑張る仲間を見つける

SNSで一緒に頑張る仲間を見つけるのもおすすめです。

先ほどのペアプログラミングは身近に一緒に頑張る友人がいる場合にできる方法ですが、実際はそんな友人いないよって場合もありますよね。

そんなときはSNSで探してみましょう

例えば『Twitter』で探してみると次のようにプログラミングを勉強している人が見つかります。

https://twitter.com/kkmg55937863/status/1235175247025823744

何かに向かって頑張っている人達から刺激をもらいつつ自分も学習過程を発信することで、お互いで刺激し合ってめちゃくちゃ勉強のモチベーションが上がります。

Twitterだといいねやリプが貰えるとすごく嬉しくて、また勉強して発信しようというやる気が出るんですよね。

プログラミングを楽しみたい方はSNSで一緒に頑張る仲間を見つけてみましょう。

どんどんものづくりに挑戦する

プログラミングを使ってどんどんものづくりに挑戦してみてください。

プログラミングはもの作りのための手段であり、勉強するためではありません

ハッキリ言って、参考書や学習サイトでプログラミングを勉強しているときなんて全然楽しくなくて、実際に何かを作っているときの方が100万倍楽しいですよ

とはいえ、急に何かを作ってみろと言われても、作れるイメージが湧かなくて難しく感じてしまうと思います。

でも、意外とやってみるとできちゃうことって多いんですよね

例えばWEBページ制作であれば、動的なデザインは分からないかもしれませんが、文章の構成や色付けなどであればちょっと勉強した方ならできるイメージが湧きませんか?

作るものはなんでも大丈夫なので、何かをイメージしたらぜひ学習して覚えたことをドンドン試してみてください。

  1. まずは分かる部分だけ作ってみる
  2. 作り方が分からない部分を調べる
  3. 調べたことを実際に作って試してみる

これの繰り返しです。

少しずつ作りたいものが出来上がっていく過程はめっちゃくちゃ楽しいので、プログラミングでどんどんものづくりに挑戦してみましょう。

プログラミングがつまらないと感じる根本原因は手段と目的を履き違えている

プログラミングがつまらないと感じる根本原因は手段と目的を履き違えている

プログラミングがつまらないと感じる根本原因は手段と目的を履き違えていることにあります。

なぜなら、プログラミングがつまらないと感じてしまうのは目の前に立ちはだかる壁を乗り越える理由、つまり、プログラミングを学ぶ目的が曖昧だからです

例えば先ほど紹介したプログラミングがつまらないと感じる下記5つの理由について

  1. 勉強ばかりでつまらない
  2. エラーの解決方法が分からなくてつまらない
  3. 文法や関数の使い方など覚えることが多くてつまらない
  4. 難しいプログラミング言語を学習していてつまらない
  5. 上達している実感が湧かなくてつまらない

これらすべての原因に共通して言えることは、つまらないと感じてしまうのは手段と目的を履き違えているからです。

プログラミングが勉強ばかりでつまらないと感じてしまうのは勉強するという手段が目的になっているからです。

プログラミングを勉強することは大変かもしれないけど、「プログラミングスキルを身に付けて満員電車に揺られる必要のない自由な働き方ができるエンジニア転職する!」という目的があれば、簡単に乗り越えられます。

プログラミングの勉強、意味不明なエラー解決などの目の前のやるべきことはプログラミングを学習する目的を達成するための手段でしかないことを頭に入れておいてください。

プログラミングがつまらないを乗り越えるには目的を明確にする

プログラミングがつまらないを乗り越えるには目的を明確にする

プログラミングがつまらないを乗り越えるには、なぜプログラミングを学習するのか目的を明確にすることです。

なぜなら、プログラミングを学習する目的が曖昧のままだと、仕事終わりなどの自分の自由な時間を削ってまでなぜ学習をするのか?とモチベーションが上がらず、最終的につまらないと感じてしまいます

ですが、プログラミングを学ぶ目的が明確であれば、勉強ばかりでつらいなと感じたり、意味不明なエラーばかりにぶつかっても、目的を達成するために粘り強く学習することができます。

例えば学生の頃に毎日3時間、休みの日は8時間も受験勉強を続けられるのは「受験に合格する」という明確な目的があるからです。

プログラミングも同じで、学習する目的が明確であれば、どんなにつまらないと感じる作業も乗り越えられるということ。

プログラミングを学ぶ目的はなんでもよくて人ぞれぞれでOK。例えば下記の通り。

  • お金を稼ぎたい
  • 今のブラック企業を辞めて楽な仕事に就きたい
  • スタバでドヤMacしたい

逆に以下のように目的が曖昧だとプログラミングがつまらないと感じて挫折します。

  • とりあえずスキルを身に付けたい
  • プログラミングが流行っているから
  • 子供につられてなんとなく

心の底から達成したい目的であればあるほど、挫折することなくプログラミング学習を続けることができます。

ぜひこの機会にプログラミングを学ぶ目的を明確にしましょう。

関連記事【秘訣】プログラミングを成功させるコツはモチベーションにあり

【秘訣】プログラミング独学を成功させるコツはモチベーションにあり
【秘訣】プログラミング独学を成功させるコツはモチベーションにあり

続きを見る

 

【こちらもおすすめ!】よく読まれている記事

人気記事【現役エンジニア厳選】おすすめのプログラミングスクール3社【無料体験あり】

 

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

-プログラミング

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.