プログラミング

プログラミング独学するならこの言語【現役エンジニアが解説】

投稿日:

プログラミング独学するならこの言語【現役エンジニアが解説】

 

プログラミングを勉強したい人
「プログラミングを独学で勉強しようとしているが、どの言語を勉強すれば良いか迷っている。プログラミング独学者におすすめの言語を教えてほしい。」

 

今回はそういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • プログラミング独学するならこの言語【現役エンジニアが解説】
  • 勉強すべきプログラミング言語の選び方

 

プログラミングを独学しようと考えている人の悩みの1つに、どの言語を勉強したら良いか分からない、という点があります。

私はエンジニア歴8年で、多くの言語を独学で取得してきました。

その経験から、初心者でも学びやすい言語や、逆に初心者は挫折する可能性が高い言語などが分かります。

 

そこで今回は、そんな私の経験を踏まえて、プログラミング独学するのにおすすめの言語とその理由について解説します。

この記事を読むことで、どのプログラミング言語を勉強すべきかが分かります。

 

プログラミング独学するならこの言語【現役エンジニアが解説】

プログラミング独学するならこの言語

プログラミングを独学するなら、まずはWeb系の言語をおすすめします。

特にフロントエンドと呼ばれるWebページ作成で使われる以下の言語が良いです。

HTML、CSS、JavaScript

補足

HTMLとCSSは正確にはマークアップ言語と呼ばれ、プログラミング言語ではないのですが、ソフトウェア開発であることには違いないです。

 

Web系の言語をおすすめする理由は次の3つです。

  1. 学習しやすい
  2. ものづくりの楽しさが実感できる
  3. 習得しやすい

 

学習しやすい

Web系の開発に使われる言語は学習しやすく、プログラミング初心者にとっては勉強しやすい言語です。

というのも、スマホの普及やIoT技術の進歩によりweb開発の需要が増え、それに従いweb開発のスキルが学べるサービスや学習サイトがたくさん増えているからです。

 

例えば、Progateという学習サイトは、HTMLとCSS、JavaScriptなどのWeb系に関する学習コースを無料で学ぶことができます。

Progateを利用することでWeb開発に必要な基礎スキルは問題なく身につけることができます。

また、「スライド学習」が採用されていて、視覚的にも非常にわかりやすく、また学習した分だけレベルが上がっていくシステムも、ゲーム感覚で取り組めて継続するモチベーションに繋がりやすいです。

 

Web開発は学習サイトなど学びやすい環境が整っているので初心者にはおすすめです。

 

ものづくりの楽しさを実感できる

Web系の言語は、プログラミングの醍醐味である自分で書いたコードが思った通りに動く、という楽しさを実感しやすいです。

 

というのも、Web系のコードを動かすためには次の2つがあれば十分で、すぐに動作確認することができます。

  1. テキストエディタ(例:メモ帳)
  2. Webブラウザ(例:Google Chrome)

 

例えば、以下のコードをメモ帳に貼り付けて、index.htmlとして保存し、Webブラウザにドラッグしてみてください。

HTMLの書き方というタイトルで、Hello World!が表示されたでしょうか?

 

このように、気軽に動作確認ができるWeb系の言語は、作った実感と楽しさが味わいやすいです。

 

習得しやすい

Web系の言語は他の言語と比べて理解しやすく習得しやすい部類の言語です。

 

これは、開発するための環境構築が簡単であり、また言語特有の難しさもあまりないためです。

 

例えば、C言語系はコンパイルと呼ばれる作業が必要で、そのためのソフトウェアを別途揃える必要があります。

また、Javaなどのオブジェクト指向が取り入れられた言語は、コードを設計するという知識も合わせて必要です。

 

Web系の言語は初心者の方でも取り組みやすく、身につけやすいです。

 

プログラミング言語の選び方プログラミング言語の選び方

 

Web系の言語以外にも多くの言語があるので、人によっては次の観点から、勉強するプログラミング言語を選ぶと良いです。

  1. 開発目的から選ぶ
  2. 求人情報から選ぶ
  3. 言語の人気度から選ぶ

 

開発目的から選ぶ

開発したいものなどプログラミングをしたい目的が明確な人は、開発目的から言語を選ぶと良いです。

 

世の中には数多くのプログラミング言語が存在しますが、それぞれ特徴が異なり、作るものによって使用する言語が違ってきます。

そのため、作りたいものがある人は、それに合った言語を選びましょう。

 

例えば、Webページ開発以外で作りたいものの例と、選ぶべき言語をいくつか紹介します。

  • ゲーム系:C#とUnity
  • スマホアプリ系:Swift、Java、Kotlin
  • サーバーサイド:PHP、Ruby、Pythonなど

作りたいものがある程度決まっている人は、開発で使える言語を勉強すると良いです。

プログラミングはものづくりです。作りたいものを作ることがなによりも楽しくて、勉強のモチベーションになります。

 

求人情報から選ぶ

エンジニアとして就職を目指す人やフリーランスになりたい人は、求人情報から言語を選ぶと良いです。

 

言語によって求人需要は異なります。人気の言語であれば求人や案件の需要がたくさんあるので、仕事の選択肢を広げることができます。

プログラミング言語の選び方|求人情報から選ぶ

こちらの画像は大手求人サイト「レバテック」による、プログラミング言語別新規求人案件数のランキングです。

1位の「Java」はスマホ決済サービスやブロックチェーン業界等のシステム開発で使われている言語です。

2位のPHPと3位のRubyはどちらもweb開発のサーバーサイドで使われる言語です。

Web系の開発は安定して多くの求人数があることが分かりますね

 

このように、求人情報から勉強する言語を決めるのも良いです。

サーバーサイドはプログラミング言語以外にも知識が必要なので、webページ開発である程度慣れてからチャレンジしてみると良いですね!

 

言語の人気度から選ぶ

実際に使われている人気の言語から選ぶという方法もあります。

 

言語が人気ということは開発の現場で使われてることの裏付けであり、覚えておくことで活躍できる機会が多くなります。

プログラミング言語の選び方|言語の人気度から選ぶ

こちらの画像はStackoverflowというエンジニア向けの有名なQ&Aサービスが公表している、全世界で使われているプログラミング言語の調査結果です。

堂々の1位はJavaScriptで、6年連続です。ウェブ業界においてはどの会社でも使われているほどの人気な言語です。

Webページ開発を行う「フロントエンド」も、目に見えないシステム側の「サーバーサイド」も開発が可能なので、Web業界に携わる人は特に学習必須です。

人気の言語から勉強する言語を選ぶのも良いアイデアです。

 

まとめ

プログラミング独学するならこの言語|まとめ

ということで、プログラミング独学するのにおすすめの言語とその理由について紹介しました。

ぜひ参考にしてください。

 

勉強する言語が決まれば、あとは行動に移すのみです。

ぜひ時間を確保してプログラミングを勉強してみてください。

そして何より、プログラミングを楽しんでください。

 

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

-プログラミング

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.