プログラミング

プログラミングが上達しないと感じる人に足りないことは?【3種の神器を解説】

プログラミングが上達しないと感じる人に足りないことは?【3種の神器を解説】
プログラミング初心者
「プログラミングを勉強しているけど、なんかうまく上達していない感じがする・・・。プログラミングが上達するコツを知りたい。また、効率よくプログラミングが上達するコツもあれば合わせて教えて欲しい。」

 

今回はそういった悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • プログラミングが上達しないと感じる人に足りないことは?
  • プログラミング上達に必須な『3種の神器』
  • 効率的にプログラミングを上達させる2つの方法【最強法あり】

 

記事の信頼性

この記事を書いている私はエンジニア歴8年で、今も開発現場でプログラミングをしています。プログラミングに関してのスキルは十分にあるので、上達するコツをお伝えできます。

 

本記事ではプログラミングが上達しないと感じる人が不足していることと、上達に必須な3種の神器について解説します。さらに、効率的にプログラミングを上達させる2つの方法も合わせて紹介します。

この記事を読むことで、プログラミングが上達しないという悩みを解消でき、スキルを上達させるための次の行動が取れます。

 

プログラミングが上達しないと感じる人に足りないことは?

プログラミングが上達しないと感じる人に足りないことは?アウトプットすること

結論はアウトプットです。

プログラミングが上達するのに「アウトプット」が必要な理由

プログラミングが上達するのに「アウトプット」が必要な理由は、実際に自分でものを作ってみて初めて実感することが多いからです。

学習サイトや本で学ぶ内容は理解できたので、いざプログラミングで何か作ってみようとすると全く手が動かない。出てくるエラーは初めて見るものばかりでどうしたら良いか分からない。それもそうでしょう、学習サイトや本ではそんなこと教えてくれないから。

実際に作り始めて分かることは大量にあるので、プログラミング上達するためには、基礎を学んだらとにかくアウトプットしてください。

プログラミング上達に必須な『3種の神器』

プログラミング上達に必須な『3種の神器』

 

プログラミングが上達するために必須の『3種の神器』とも呼べる、3つの力があります。

何かを作ろとプログラミングしてみるとたくさんの困難にぶち当たりますが、そこまではテンプレのようなものです。この困難を乗り越えるためには3つの力が必要であり、逆にこの3つの力を伸ばすことを意識すると、プログラミングはメキメキ上達します。

それが次の3つです。

  1. 小さく作って試そうとする力
  2. 分からないことや発生したエラーを解決する力
  3. 作りたいものを作るためにどうすれば良いか問題に向き合う力

小さく作って試そうとする力

個人的に、プログラムを小さく作り、とにかく動かして試そうとすることは、小規模な開発だろうと大規模な開発だろうとプログラミングを成功させる秘訣だと思っています

例えば、Progateを学習した人なら分かるかと思いますが、Progateの学習手順は次のようになっています。

  • 完成物の全体形をイメージする
  • ヘッダーやフッターなどの部分に分けて作成する

つまり、最終的にどんなに大きなものを作る場合でも、まずは小さな部品単位で作っています。

さらにこの時、

  • Paddingを使うと説明があるが、Marginを使ったらどうなるのだろう?
  • h2見出しではなく、pタグにフォント設定をしても同じなのだろうか?

上記のようなことを試した人、センスありです

プログラミングスキルは人に教わったことよりも、自分で何かを試そうとした経験こそが一番知識として身につきます。何かを試そうとしたときは、大きなプログラムだとやりづらく、小さいプログラムが向いています。

そういった理由から、プログラミングを上達させるには小さく作って試そうとする力を大事にしてください。

分からないことや発生したエラーを解決する力

プログラミングが上達するには分からないことや発生したエラーを解決する力がめっちゃ重要です

なぜなら、プログラミングをすると分からないことやエラーにぶつかることが多く、それらを乗り越えないことには完成しないからです。

逆に言うと、プログラミングをするときは大量のエラーを出して解決するぐらいの意気込みが必要です

先ほどの小さく作って試すことと合わせると、プログラミングは以下の手順でどんどんトライするのが上達のコツです。

  • 小さく作って確かめる
  • エラーをたくさん出す
  • デバッグの仕方を学ぶ
  • 分からないことを調べる

最初はセミコロン(;)のつけ忘れや、半角と全角を間違えたなどで大量のエラーが発生すると思います。そういったエラーを取り除くのもプログラミングの宿命なので、分からないことや発生したエラーを解決する力をしっかりと磨いてください。

なお、分からないことや発生したエラーをどうすればよいかについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>> 【超簡単】プログラミングが分からないときの解決法

作りたいものを作るためにどうすれば良いか問題に向き合う力

すごく当たり前のことのように聞こえますが、おそらくプログラミングを勉強している方は、作りたいものを作るためにどうすれば良いかを考える力が身についていない人が多いです。

なぜかというと、学習サイトや本で学べる情報は受け身のインプットが多く、自分で悩んだり考えたりすることが少ないからです。エラーが出たり思ったようにならなかったとしても、「何が違うんだろう?」と考えるのではなく、「習った内容はなんだっけ?」になりがちです。

これを打破するにはゼロベースで何かを作ろうと自分で考え、体験することが必須です。

例えば、ProgateでHTML&CSSのコースを学習すると以下のようなページが作れるようになります。

一方で、Progateの学習だけをした人が0から新しいページを作るとどうなるか?

  • header、footer、containerの構成はどうすれば良いだろう?
  • classの名前どうすれば?
  • ここはpadding?margin?
  • ハンバーガーメニューってどう作るの?

などなど。多分こんな感じで、悩みばかり出てくると思います。自分で何かを作るためには細かい課題と1つ1つ真剣に向き合わなければなりません。このような課題の解決は、経験を重ねると自然とできるようになってきます。そこまでの辛抱です。

プログラミング上達には作りたいものを作るためにどうすれば良いか問題に向き合う力が大切です。

注意:知らないことを考えるのはムダ。秒で調べる

ここで伝えたいのは、あくまで分かりそうだけど分からないことについて自分で考えることに価値があるということ。

知らないことはいくら考えても答えは出てこないので、秒で調べてください。悩むだけ時間のムダです。

効率的にプログラミングを上達させる2つの方法

効率的にプログラミングを上達させる2つの方法

ここまでに紹介したプログラミング上達法を意識しつつ、さらに効率的に上達させる方法があります。

それは次の2つです。

  • 【最強】プログラミングを必要とする業界に飛び込む
  • プログラミングスクールに通う

順に説明します。

【最強】プログラミングを必要とする業界に飛び込む

効率的にプログラミングを上達させたいのであれば、プログラミングを必要とする業界に飛び込むことです

1日8時間以上、仕事をしながらスキルを身に付けることができて、さらにお金を稼ぐこともできるので、ぶっちゃけ最強の方法です。

そうはいっても未経験じゃ就職できないでしょ?

いえ、未経験OKの会社もあります。

先ほど説明したように、エンジニアで重要な能力はプログラミングスキルではなく、小さく作って試そうとする行動力や問題解決力です。行動する意欲があれば大丈夫です。

>> GEEK JOBキャンプ_社会人転職コース無料体験・説明会の申し込み

プログラミングスクールに通う

プログラミングを効率的に上達させるもう1つの方法はプログラミングスクールに通うことです

なぜなら、分からないことや作りたいものに対して悩む時の「メンター」という存在が作れるからです。

プログラミング上達に必須な3種の神器について、勉強を始めたばかりの人は分かってはいるもののうまくできなくて、どうしてもメンタルをやられがちになります。そんな時に悩みを相談したり共有できるメンターの存在はでかいです。

実は、僕も過去に2回プログラミング学習に挫折しましたが、そのときは相談する人は皆無でした。。3回目で成功した時は相談しつつ一緒に頑張る人がいたので成功できたと思っています。

なので、効率的にプログラミングを上達させたいのであれば、まずはプログラミングスクールに通い、一人でもやっていけるレベルまで自信と実力をつけると良いです。

下記にオススメをまとめておきます。

まとめ:あとは実際に手を動かして行動するのみ

ということで、プログラミングが上達しないと感じる人に向けてアドバイスをお伝えしました。

本記事のまとめ

  • プログラミングが上達しないと感じる人はとにかくアウトプットする
  • プログラミング上達に必須な3種の神器は、(1)小さく作って試そうとする力、(2)分からないことや発生したエラーを解決する力、(3)作りたいものを作るためにどうすれば良いか問題に向き合う力。訓練あるのみ。
  • 効率的にプログラミングを上達させるなら、プログラミングを必要とする業界に飛び込むか、プログラミングスクールに通う

あとは実際に手を動かしてプログラミングする、行動するのみです。

この記事で紹介した内容をインプットしただけでは、当初の悩みと同じく上達しません。

どんどんアウトプットしてください。

行動する人はこちら

 

【こちらもおすすめ】人気記事

人気記事【現役エンジニア厳選】おすすめのプログラミングスクール3社【無料体験あり】

【現役エンジニア厳選】おすすめのプログラミングスクール3社【無料体験あり】

プログラミングスクールに入ろうか迷っている人 「プログラミングを習得するためにスクールを使おうかなと考えているんだけど、ネットで調べるとおすすめのスクールが10社も20社も紹介されていて、実際どこが良 ...

 

人気記事【転職支援付き】プログラミングスクールおすすめ4選【現役エンジニアが解説】

【転職支援付き】プログラミングスクールおすすめ4選【現役エンジニアが解説】

「プログラミングスクールに通うことでエンジニアになれる?」 「プログラミングスクールで転職支援付きのものはある?」 「転職支援付きプログラミングスクールはどれがおすすめ?」   この記事では ...

 

人気記事オンライン型プログラミングスクールおすすめ6選【現役エンジニアが解説】

オンライン型プログラミングスクールおすすめ6選【現役エンジニアが解説】
オンライン型プログラミングスクールおすすめ6選【現役エンジニアが解説】

「オンラインで受講できるプログラミングスクールってあるのかな?」 「オンライン型のプログラミングスクールで転職支援付きのものはある?」 「現役エンジニアの人から見たオススメのオンライン型プログラミング ...

 

-プログラミング

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.