プログラミング

【結論】プログラミング独学は何から?←Web開発からやるべき

更新日:

【結論】プログラミング独学は何から?←Web開発からやるべき
プログラミング初心者
「プログラミングを独学しようと考えているが、何から手をつけて良いか分からない。何から始めたら良いか教えて欲しい。
また、具体的にどうやって勉強を進めたら良いか、勉強方法も合わせて教えて欲しい。」

 

今回はそういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 【結論】プログラミング独学は何から?←Web開発からやりましょう
  • 悩み不要!Web開発の独学のやり方
  • とにかく作ってみる!←何を作ったら良い?

 

記事の信頼性

この記事を書いている私はエンジニア歴8年で、業務で必要な多くの言語を独学で習得してきました。

言語の中には初心者向きなものと上級者向きなものがあるので、初心者でも学びやすい言語と独学の方法をお伝えすることができます。

 

プログラミングを触ったことない人であれば、プログラミングに興味があるが何からやれば良いか、どうやって勉強すれば良いか分からない、そんな悩みがあると思います。

先に結論をお伝えすると、プログラミング独学はWeb開発からやるべきです。

この記事ではその理由を3つ説明します。

また合わせて、Web開発を独学する具体的な勉強方法と、プログラミングスキルを伸ばすもの作りの具体的を例を紹介します。

この記事を読むことでWeb開発のプログラミング独学を始められて、実際に物作りをしながらプログラミングスキルを向上させることができます。

 

【結論】プログラミング独学は何から?←Web開発からやりましょう

【結論】プログラミング独学は何から?←Web開発からやりましょう

プログラミングを独学するなら、まずはWeb開発からやりましょう。

Web開発とはWebページとサーバーからなるインターネットを使ったオンラインサービスのことです。

開発では以下の言語が使われています。

  • Webページ:HTML&CSS+(JavaScript)+jQuery
  • サーバー:PHP、Ruby、Python、Java等

実際に勉強するなら、次の言語と順番が理解しやすくて良いです。

HTML&CSS → (JavaScript) → jQuery → PHP

 

なぜプログラミング独学はWeb開発からやるべきかと言うと、理由は3つあります。

  1. プログラミングの楽しさを実感できる
  2. Web開発スキルは必須レベル
  3. 挫折しづらい

プログラミングの楽しさを実感できる

1つ目の理由は、Web開発はプログラミングの楽しさを実感できるからです。

プログラミングはものづくりです。

ものづくりの楽しさはなんといっても自分が思い描いたことを作って実際に動かすことです。

その点において、例えばWebページ作成であれば、

メモ帳にHTML&CSSを書いて、ブラウザに表示するだけ。

これだけで作ったものが確認できます。

これがC言語やJavaなどの少々難しい言語になると

ランタイムを準備して、開発環境を用意して、ビルド方法を用意して・・・

というように、手軽さが全然異なります。

独学するなら、プログラミングの楽しさを実感できるWeb開発がオススメです。

Web開発スキルは必須レベル

2つ目の理由は、今のソフトウェア開発においてWeb系のスキルはほぼ必須なので覚えておいて損がない、ということです。

今の世の中の90%ぐらいのアプリやシステムが何らかの形でWebを利用しています。

もはやWebを使わないものを探す方が難しいくらいです。

このブログで公開している記事もWebの技術を使っています

当たり前のようにWeb系のスキルが使われるので、Web系の技術を覚えておいても損はないです。

挫折しづらい

3つ目の理由は、Web系の言語は他のプログラミング言語の独学と比べて挫折しずらい、ということです。

なぜかというと

  • ぶっちゃけ、簡単(笑)
  • 動かしやすいのでプログラミングの楽しさが味わえる
  • 参考になる情報がWeb上にたくさんある→分からないことで困ることが少ない

こんな感じです。

間違ってもC言語とかC言語とか、あとC言語とか、最初に手を出してはダメです。

高確率で挫折します。

大学のプログラミング講義でC言語から学ぶ風潮ありますが、ハッキリ言って悪です。

Web開発系の言語は他のプログラミング言語と比べても挫折しずらいので、独学初心者にオススメです。

プログラミング初心者でも本当に独学はできる?

できます。即答でYesです。

実際世の中には多くの人が独学していますし、私もWeb系のスキルは独学で習得しました。

このあたりは以下の記事で詳しく解説しているの、合わせてご覧ください。

>> プログラミングの独学は無理ではない【現役エンジニアが断言】

悩み不要!Web開発の独学のやり方

悩み不要!Web開発の独学のやり方

「独学するならWeb開発から始めるということは分かった。実際どうやって勉強したら良い?勉強の仕方を教えて欲しい。」

Web系の独学方法については『HTMLとCSSを独学する3ステップ』の記事で詳しく解説していますが、最初の第一歩はオンライン学習サイトを使って勉強を始めましょう。

その中でも特にオススメなのがProgateです。

悩み不要!Web開発の独学のやり方

初めてWeb系のスキルを学ぶ方であればProgateを使っておけば基礎を学ぶに間違いないです。

Progateは勉強した分だけレベルが上がるRPGのような要素があり、ゲーム感覚で楽しめるので自然と勉強が継続できます。
【プログラミング】HTMLとCSSを独学する3ステップ
【プログラミング】HTMLとCSSを独学する3ステップ

とにかく作ってみる!←何を作ったら良い?

とにかく作ってみる!←何を作ったら良い?

「プログラミング上達したいならとにかく作ってみること!」

という風潮ありますが、

「いや、でも、何作ったらいいのよ…?」

となる人が大多数でしょう。

だからこの記事を、ここまで読んでくれているのだと思います(笑)

私のオススメは、自分のブログやプロフィールサイトを作ることです。

例えば、氷犬さんという方のブログでは、プログラミングの勉強を兼ねて自分でブログを作っています。

その過程をアウトプットすることで知識が深まり一石二鳥。レンタルサーバー台も回収できてしまう、といった素敵なもくろみです。

学んだことはとにかくアウトプットすることが大切です。アウトプットしないとなかなかスキルが定着しません。勉強を兼ねてブログを作ることは素敵なアイデアです。

何を作ったら良いか迷う方は、ブログやプロフィールサイト作りにチャレンジしてみてください。

まとめ

【結論】プログラミング独学は何から?←Web開発からやるべき:まとめ

ということで、プログラミング独学は何からやれば良いかと迷ったら、まずはWeb開発からやりましょう。

Web開発は簡単に取り組むことができ、実際にうごかす楽しさを味わいやすいので、ぜひ挑戦してみてください。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

-プログラミング

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.