プログラミング

プログラミング学習は何歳から始めたら良いか?【就職・転職の可能性】

プログラミング学習は何歳から始めたら良いか?【就職・転職の可能性】
エンジニアを目指している人
「プログラミングを学ぶのに年齢って関係あるのだろうか?何歳から始めたら良いのだろう?将来はエンジニアとして働きたいと考えているが、タイムリミットがあれば知っておきたい。」

 

今回はそういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • プログラミングは何歳から始めたらよいか?
  • プログラミングは何歳からでも学べるが、就職・転職には年齢が関係する
  • プログラミングを学んで就職・転職する3つの方法【メリット・デメリット比較】

 

記事の信頼性

この記事を書いている私はエンジニア歴8年で、今も開発現場でプログラミングをしています。

入れ替わりが激しいとされるエンジニア業界で、どんなスキルを持ったエンジニアが企業で必要とされているか、現場の生の声を理解しています。

そんな経験から、プログラミングを学んで就職・転職したい方に向けてアドバイスをお伝えすることができます。

 

この記事では「プログラミングを学ぶなら何歳から始めたら良いか」というテーマについて解説します

結論は「プログラミングを学ぶのに年齢は関係ないが、就職・転職を考えるなら早い方が良い」です

その理由について詳しく解説します。

 

プログラミング学習は何歳から始めたらよいか?

プログラミング学習は何歳から始めたらよいか?

結論は、プログラミング学習は何歳から初めても大丈夫で、30代とか40代とか遅くても問題なしです

ベストなタイミングはプログラミングの勉強を始めたいと思った時です

プログラミング学習は早ければ早い方が有利

プログラミング学習は早い方が有利と言えば有利です。

なぜなら、プログラミングはスキルであり、訓練や経験が必要なので、早いうちから経験を積むことがスキル向上につながるからです

これはスポーツの練習と一緒で、プロのスポーツ選手として活躍する人の多くは幼い頃から練習を繰り返しています。

幼い頃から培ってきた練習量があるからこそ、一流のスキルを兼ねそろえることができています。

プログラミング学習も同じで、学習開始が早ければ早いほど有利です。

2020年からプログラミング必修化が学習の早期化を加速させる

2020年からプログラミングが必修化されます。

これがなにを意味するかというと、プログラミング学習の早期化が始まるということです。

プログラミング学習の早期化が始まれば、子供の頃から優れたスキルを持った人達が増え、エンジニアとしてより一層活躍する人たちが増えることになります。

またプログラミング学習が必修科するということは、裏を返すと、今後プログラミングを必要とする仕事が増えることが予想されているということです。

そういった背景から、子供の頃からしっかりとしたプログラミングスキルを身につけられるように、子供向けのプログラミングスクールも広がってきています。

プログラミング必修化の背景もあり、プログラミング学習を始めるのが早い方が有利と言えるでしょう。

30歳を超えてもプログラミングは学べる

一方で、「30歳を超えたらもう遅い、40代や50代ではプログラミングが学べない」ということはありません。何歳になってもプログラミングは学べます。

なぜなら、今は初心者向けのプログラミング学習環境が充実していて、年齢を問わず学習をすることができるからです

これは、年齢を重ねた後に大学に入り直すのと一緒です。何かを学ぶことに年齢という限界はありません。

30歳を超えたらかプログラミングが学べなくなるということはなく、何歳からでもプログラミング勉強が始められます。

プログラミングは何歳からでも学べるが、就職・転職には年齢が関係する

プログラミングは何歳からでも学べるが、就職・転職には年齢が関係する

一方で、プログラミングを学んでからエンジニアやプログラマーとして就職・転職しようとする場合は年齢が関係してきます。

正直なところ、10代・20代と比べると、30代以降の人がエンジニアになることは難しくなります

なぜなら、同じ実力を持った人であれば若い人の方が就職が有利だからです。

単純な話で、もしあなたが採用担当者だった場合、同じ実力を持った25歳の人と35歳の人であれば、どちらを採用しますか?企業からすれば、同じ未経験者であれば今後の成長に期待ができる若い人を採用すると思います。

特にIT業界は働く人の年齢層が若い傾向があるため、同じ世代を採用することが多いです。実際私の職場も、年齢が高いのは役職者だけで、あとは20代~30代しかいません。

また、未経験から就職・転職を目指すプログラミングスクールは30歳以下という年齢制限を設けていることが多いです。

プログラミングは何歳からでも学ぶことができますが、就職・転職を考えるなら年齢が若い方が有利だということが事実です。

プログラミングを学んで就職・転職する3つの方法【メリット・デメリット比較】

プログラミングを学んで就職・転職する3つの方法【メリット・デメリット比較】

ではどうやってプログラミングを学べば良いかというと、エンジニアやプログラマーとして就職・転職するには、次の3つの方法があります。

  1. プログラミングを独学で学んで就職・転職する
  2. プログラミングスクールで学んで就職・転職する
  3. 【最強】就職支援付きプログラミングスクールを使う

先に結論をお伝えすると、1 < 2 < 3の順でオススメで、よほどメンタルが強い人でない限り就職支援付きプログラミングスクールに通うことを推奨します

プログラミングを独学で学んで就職・転職する

まずはプログラミングを独学して、自分で就職・転職する方法です。

独学する場合のメリットとデメリットは次の通りです。

メリット

  • 金銭的コストが安い

デメリット

  • 途中で挫折する・独学に失敗する可能性が高い
  • 自分で就職活動を行う必要がある
  • 時間がかかる

ぶっちゃけると、独学は無理ではありませんが、ハードルが高いです。独学を試みたが途中で挫折した人は90%以上とも言われています。

私も過去に独学を試みた時は、2回挫折して、3回目でやっと成功しました。ですので、無理ではないですが難しいということを理解しておいてください。

また、未経験から就職活動を成功させることも結構ハードです。飛び抜けたスキルを身につけられた人や、自己アピールがうまい人なら望みはありますが、はっきり言って無理ゲーです。。

プログラミングスクールで学んで就職・転職する

プログラミングスクールで学んで就職・転職する方法もあります。

スクールを使う場合のメリット・デメリットは次の通りです。

メリット

  • プログラミングスキルをしっかりと身につけることができる
  • 時間コストが少ない

デメリット

  • 金銭的コストがかかる
  • 自分で就職活動を行う必要がある

プログラミングスクールを使うことで、独学する場合のデメリットだった、途中で挫折したり失敗したりする可能性は大きく減らせます。プロの講師の方がサポートしてくれるので、スキル習得は問題なくイケるはずです。

ですが、就職が出来るかどうかの問題は解決できないため、転職サイトやエージェントに頼る必要があります。やはり難しさが残ります。

「まずは学習だけしてみたい」という方は、無料体験が付いているプログラミングスクールを使ってみると良いでしょう。無料体験付きのプログラミングスクールは以下です。

CodeCamp:オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービス。講師は全て現役エンジニアなので即戦力のスキルが身につきます。

TechAcademy [テックアカデミー]:オンラインのプログラミングスクール。特定のコースを選んで受講。学びたいことが明確になっている人におすすめです。

【最強】就職支援付きプログラミングスクールを使う

就職・転職を考えた場合の最強の方法が、就職支援付きプログラミングスクールに通うことです。

メリット

  • 就職がほぼ保証される
  • 就職に必要なプログラミングスキルを身につけることができる
  • 無料で受講できるものもあり、金銭的コスト面でも優れている

デメリット

  • 一時的に金銭的コストがかかる場合がある
  • エンジニアとして働く覚悟を決める必要がある

就職支援付きプログラミングスクールの特徴は何と言っても「就職保証」が付いているスクールが多いことです。

また、就職することを保証として「無料」で受けられるものもあるので、ほぼノーリスクです。

費用がかかるスクールもありますが、あくまで一時的なコストだと考えていて、無事に就職が出来れば回収することは簡単です。

就職・転職を考えてプログラミングを学ぶなら、就職支援付きのプログラミングスクールを使うことがベストな選択肢です。

なお、オススメの就職支援付きスクールは以下です。

GEEK JOB(無料):驚愕の「無料」で受講可能です。関東在住の30歳未満、かつ就職意思がある方であれば迷うことなく受講をオススメします。

DMM WEBCAMP :転職、就職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールです。転職、就職を保証しているため、未経験からIT業界へ転職、就職を求めている方におすすめです。

まとめ:プログラミングを学ぶなら行動が早い方が良い

まとめ:プログラミングを学ぶなら行動が早い方が良い

ということで、「プログラミングを学ぶなら何歳から始めたら良いか」というテーマについて解説しました。

繰り返しになりますが、結論は「プログラミングを学ぶのに年齢は関係ないが、就職・転職を考えるなら早い方が良い」です。

ですので、将来エンジニアとして働きたいという方、特に10代や20代の方は、一刻も早く行動することをお勧めします。

他の人よりも少しでも早く行動することが成功の秘訣です。

この記事を読み終えたら、ぜひ行動に移してください。

プログラミングスクールを無料体験してみたい方

  • CodeCamp:オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービス。講師は全て現役エンジニアなので即戦力のスキルが身につきます。
  • TechAcademy [テックアカデミー]:オンラインのプログラミングスクール。特定のコースを選んで受講。学びたいことが明確になっている人におすすめです。

就職支援付きプログラミングスクールを使う方

  • GEEK JOB(無料):驚愕の「無料」で受講可能です。関東在住の30歳未満、かつ就職意思がある方であれば迷うことなく受講をオススメします。
  • DMM WEBCAMP :転職、就職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールです。転職、就職を保証しているため、未経験からIT業界へ転職、就職を求めている方におすすめです。

 

【こちらもおすすめ】人気記事

人気記事【現役エンジニア厳選】おすすめのプログラミングスクール3社【無料体験あり】

【現役エンジニア厳選】おすすめのプログラミングスクール3社【無料体験あり】

プログラミングスクールに入ろうか迷っている人 「プログラミングを習得するためにスクールを使おうかなと考えているんだけど、ネットで調べるとおすすめのスクールが10社も20社も紹介されていて、実際どこが良 ...

 

人気記事【転職支援付き】プログラミングスクールおすすめ4選【現役エンジニアが解説】

【転職支援付き】プログラミングスクールおすすめ4選【現役エンジニアが解説】

「プログラミングスクールに通うことでエンジニアになれる?」 「プログラミングスクールで転職支援付きのものはある?」 「転職支援付きプログラミングスクールはどれがおすすめ?」   この記事では ...

 

人気記事オンライン型プログラミングスクールおすすめ6選【現役エンジニアが解説】

オンライン型プログラミングスクールおすすめ6選【現役エンジニアが解説】
オンライン型プログラミングスクールおすすめ6選【現役エンジニアが解説】

「オンラインで受講できるプログラミングスクールってあるのかな?」 「オンライン型のプログラミングスクールで転職支援付きのものはある?」 「現役エンジニアの人から見たオススメのオンライン型プログラミング ...

 

-プログラミング

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.