プログラミング

テックアカデミーの料金は分割払いで月々6000円から【2万円の割引あり】

テックアカデミーの料金は分割払いで月々6000円から【2万円の割引あり】
テックアカデミーの料金が高くて悩んでいる人

「テックアカデミーの料金って高くない…?分割払いとか何とか受講する方法はないのかな?割引する方法があれば合わせて知りたい。

 

この記事ではそういった悩みを解決します。

 

この記事でわかること

  • テックアカデミーの料金は1コースあたり「10万円〜30万円」
  • エンジニア転職保証付きコースの料金は「298,000円」
  • 「えっ…料金高くない…?」と思ったあなたへ【エンジニアは稼げます】
  • テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法
  • テックアカデミーの料金支払い方法【分割払いも可能】
  • テックアカデミーの料金を分割払いするときの3つの注意点
  • 受講前に知っておきたい!テックアカデミーの費用に関する3つの注意点

 

記事の信頼性

  • 現役エンジニア歴8年
  • テックアカデミーの無料体験に参加
  • テックアカデミーの受講生57人の口コミや評判を調査

エンジニアの視点から会社で求められるスキルや知識も知っているので、テックアカデミーがどういった人におすすめかが分かります。

 

プログラミングを勉強したいなと考え「テックアカデミー」が気になったものの、料金が高くてどうしようか悩んでいるあなた。

そもそもプログラミングを勉強したいと考えたのはなぜでしょう?現状を不満に感じ、エンジニア転職したりフリーランスとして在宅ワークや自由な働き方を手に入れたいと考えているのではないでしょうか?

理想の生活を目指して新しい一歩を踏み出そうとしているあなたは素晴らしいですね!

 

テックアカデミーはオンラインスクールの中でも受講者数No.1で、数あるプログラミングスクールの中からテックアカデミーを候補に選んだあなたはとてもセンスがありますよ。

参考:TechAcademyがマクロミルに委託した調査で オンラインプログラミングスクール受講者数No.1を獲得

ですが、テックアカデミーの受講料が思った以上に高くて、一括で払えるお金もないので諦めようかなと…考えてしまいますよね。

 

実はテックアカデミーは分割払いに対応していて、月々6000円の支払いで受講することができます

また、割引を受ける方法もあり、最大2万4千円もお得に受講することができます。

せっかく行動しようとやる気になったのに、お得に受講する方法を知らないで諦めてしまうのはもったいないですよ!

 

そこで本記事では、テックアカデミーの料金について徹底調査した結果をまとめました

また、月々の支払いを少しでも抑えることができる支払い方法と、料金を安くお得に受講する割引方法も解説します。

さらに、テックアカデミーを受講する前に知っておきたい費用についての3つの注意点もお伝えします。

 

この記事を読むことでテックアカデミーの料金をお得に受講する方法が分かり、あなたの理想とするエンジニア生活の第一歩を踏み出すことができますよ。

 

注目記事

テックアカデミーについて徹底解説

  • テックアカデミーの受講生57人の口コミや評判を調査して判明したメリット・デメリットとは?
  • テックアカデミーを体験した目線と、現役エンジニアの目線の両方から、どういった特徴のスクールなのかを徹底解説!
  • テックアカデミーはあなたにおすすめ?逆にどういうった人には向いていない?が明確に!

テックアカデミーの受講を考えている人は合わせて読まないと損をすると断言します

合わせて読みたい【完全解明】テックアカデミーの評判や口コミから本当に受講すべき人が判明

【完全解明】テックアカデミーの評判や口コミから本当に受講すべき人が判明
【完全解明】テックアカデミーの評判や口コミから本当に受講すべき人が判明

続きを見る

 

目次

テックアカデミーの料金は1コースあたり「10万円~30万円」

テックアカデミーの料金は1コースあたり「10万円〜30万円」

 

テックアカデミーは2020/9時点では24を超えるコースがあります。

料金は3パターンに分かれていて、まとめると以下の表のようになります。

 

コース4週間8週間12週間16週間
Webアプリケーションコース社会人:149.000円
学生:129,000円
社会人:199,000円
学生:159,000円
社会人:249.000円
学生:189,000円
社会人:299,000円
学生:219,000円
PHP / Laravelコース
Javaコース
フロントエンドコース
WordPressコース
iPhoneアプリコース
Androidコース
Unityコース
Pythonコース
はじめてのAIコース
AIコース
データサイエンスコース
Webデザインコース
Webディレクションコース
Webマーケティングコース
はじめてのプログラミングコース社会人:109.000円
学生:99,000円
社会人:139.000円
学生:119,000円
社会人:169.000円
学生:139,000円
社会人:199.000円
学生:159,000円
ブロックチェーンコース 149,000円199,000円249,000円 ー
スマートコントラクトコース
Scalaコース
Node.jsコース
Google Apps Scriptコース
UI / UXデザインコース
動画編集コース
動画広告クリエイターコース189,000円239,000円289,000円

 

1コースあたり大体10万円〜30万円ぐらいですね。

 

どのコースを選んでも以下の基本サポートが含まれています。

 

  • 1コースあたりの学習時間は約160時間
  • 現役エンジニアがメンターとなり学習をサポート
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
  • チャットでいつでも質問可能で、サポート時間内(15時〜23時)は即回答
  • 回数無制限で課題レビューのサポート

 

受講期間が長くなるほど料金が高くなる

テックアカデミーは学習期間を4・8・12・16週間の4種類から選ぶことができますが、期間によって料金が異なり、受講期間が長くなるほど料金が高くなります。

一方で、受講期間が長くなることで、メンタリングサポートの回数やチャットで質問できる時間が増えるため、単位時間あたりの料金はお得になります。

なお、受講期間の違いにより学習する内容は変わりません。

 

ですので、あなたの生活リズムに合わせて学習期間を選べばOKです。

例えば、以下のようなイメージです。

 

  • 平日時間を確保できる学生やフリーターの人:4週間プラン
  • 平日は忙しい社会人:8週間・12週間

 

なお、どの受講期間を選べば良いかというと「8週間」がおすすめで、短いほど良いです。

短い方が良い理由や、受講期間の違いによる1週間で必要な学習時間は以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

テックアカデミーの料金は他のスクールと比べて安い

テックアカデミーの料金は他のスクールと比べて安い

テックアカデミーの料金が相場と比べて高いのか安いのかを確認するため、他のスクールと料金を比較してみました。

比較対象としたスクールは以下の5つ。

 

  1. CodeCamp(コードキャンプ )
  2. テックキャンプ プログラミング教養
  3. ポテパンキャンプ
  4. tech boost(テックブースト)
  5. Aidemy(アイデミー)

 

料金の比較結果は以下の通りです。

プログラミングスクール 受講料(税別)期間
テックアカデミー
「Webアプリケーションコース」
249,000円3ヶ月
CodeCamp(コードキャンプ )
「Webマスターコース」
278,000円4ヶ月
テックキャンプ
「プログラミング教養」
237,600円3ヶ月
ポテパンキャンプ250,000円3ヶ月
tech boost(テックブースト)274,200円3ヶ月
Aidemy(アイデミー)480,000円4ヶ月

 

比べてみるとテックアカデミーの料金は他のプログラミングスクールと比べて安い方だということが分かります。

 

テックアカデミーエンジニア転職保証付きコースの料金は「298,000円」

テックアカデミーエンジニア転職保証付きコースの料金は「298,000円」

テックアカデミーには「エンジニア転職保証」が付いたエンジニア転職保証コース(TechAcademy Pro)があります。

エンジニア転職コースの受講料は298,000円(税別)です、受講期間も12週間固定です。

 

テックアカデミーエンジニア転職保証コースでは12週間でプログラミング学習と就職活動を行いエンジニア転職を目指します。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして学習をフォロー、キャリアアドバイザーが就職活動時のサポートをしてくれます。

転職支援付きのプログラミングスクールで基本的に含まれるサービスが含まれています。

 

  • 自己分析
  • 面接対策・書類の作成
  • キャリアカウンセリング
  • おすすめ企業の紹介

 

 

転職できなかった場合は全額保証

テックアカデミーエンジニア転職保証コースを受けて就職できなかった場合、受講料を全額保証(返金)されます。

保証される条件は以下の通り。

 

テックアカデミーの転職保証条件

  • マンツーマンメンタリングを全て欠席なく実施
  • 6週間までJavaコースの全課題が終了している
  • 全ての課題に合格している
  • 学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施
  • 面談を実施しても内定が出ない場合

 

簡単に言うと、

エンジニア転職する気があり、カリキュラムも面接もこなした、だけど転職できなかった

人が保証の対象ということです。

途中で学習や転職活動をサボってしまった場合は保証の対象になりません。

 

とは言え、本気でエンジニア転職を目指したい人にとってはありがたい制度であることは間違いないですよね。

テックアカデミーエンジニア転職保証コースでエンジニア転職に失敗した場合、受講料を全額保証する制度があります。

 

 

エンジニア転職保証コースの料金は他のスクールと比べて安い

テックアカデミーエンジニア転職保証付きコースの料金は「298,000円」|エンジニア転職保証コースの料金は他のスクールと比べて安い

テックアカデミーエンジニア転職保証コースの料金を、他の転職支援付きのプログラミングスクール3社と比較しました。

料金比較の結果は以下の通り。

 

プログラミングスクール料金(円)
テックアカデミーエンジニア転職保証コース(TechAcademy Pro)298,000
テックキャンプ エンジニア転職648,000
DMM WEBCAMP828,000
ギークジョブ(GEEKJOB)無料

 

料金の位置付けは3社の中では中間の位置付けです。

料金が安いからサービスが悪い、という訳ではなく、オンライン完結だからこそ料金を安く出来ています。

オンライン完結のメリット

  • 教室の設備費用がかからない
  • 講師の人数を減らせる=人件費削減

 

テックアカデミーエンジニア転職保証コースの料金は他のプログラミングスクールと比べると中間ぐらいの位置付けです。

 

「えっ…料金高くない…?」と思ったあなたへ【エンジニアは稼げます】

「えっ…料金高くない…?」と思ったあなたへ【エンジニアは稼げます】

「一番安いコース&学習期間の組み合わせでも10万円、高いと30万円するのか、高いな…」

 

正直、そう思ったかもしれませんね。

ですが、現役エンジニアの目線で解説すると、もしあなたがテックアカデミーを受講してエンジニアになれば、受講料の30万円はすぐに回収できますよ

なぜなら、以下の理由があるから。

 

  • エンジニアの平均年収は他の職種と比べても高い
  • フリーランスは年収「1千万円」がめずらしくない世界
  • 超高時給なバイトができる

 

エンジニアの平均年収は他の職種と比べても高い

エンジニアの平均年収は他の職種と比べても高いです。

厚生労働省が行う「 賃金構造基本統計調査」を基に平均年収を算出すると以下の通り。

 

  • 全職種の平均:454.8万円
  • エンジニア(SE)の平均:550.8万円

 

上記の通り、エンジニアの平均給与は他の職種と比べて100万円も差があります。

もしあなたの今の年収と比べて年間30万円以上増えるのであれば、テックアカデミーの受講料はすぐに回収できますよね。

実際私もエンジニア平均以上の給料をもらっています。ありがとうございます。

 

実際、テックアカデミーエンジニア転職保証コースを受講してエンジニア転職した人は平均で67万円年収がアップしています。

つまり、エンジニア転職して1年働くことで回収できるという訳です。

1度エンジニアになれれば以降は年収も増えていくので、前職よりずっとプラスになりますよね。

 

フリーランスは年収「1千万円」がめずらしくない世界

また、エンジニア就職後にフリーランスになる場合はもっと年収を増せます。

私と元々一緒に働いていてフリーランスになった人は、年収が1000万円を超えました。

驚くかもしれませんが、フリーランスで年収1000万円を超えるのは特にめずらしい話ではないです。

 

テックアカデミーの受講料は高く感じるかもしれませんが、エンジニアになって高い給与を得ることができると考えれば、安い初期投資です。

 

超高時給なバイトができる

もしあなたがテックアカデミーを受講して身につけたプログラミングスキルで副業やアルバイトをすれば、受講料の10万円はすぐに回収できますよ

それどころか、時給2000円や3000円ぐらいになるので、普通にアルバイトするより高時給で働けます。

 

例えば、フロントエンドコースで身につけたスキルでランディングページ(LP)と呼ばれるものを作成する案件だと、

「えっ…料金高くない…?」と思ったあなたへ【エンジニアは稼げます】|超高時給なバイトができる

これぐらいで、1件あたり2万〜5万円程度。

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると1日8時間程度で作れるようになります。

時給6000円ぐらいですね…。笑

 

また、プログラミングスクールの講師をするのも良いですね。

プログラミングスクールによってはスキルがあれば学生でも講師をすることができます。

テックアカデミーは業界でもオンライン実績No.1のスクールなので、卒業生であればどのスクールでも講師として採用してくれますよ。

 

テックアカデミーの受講料は高く感じるかもしれませんが、副業して高時給なアルバイトを始めることですぐに回収できますよ。

 

テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法

テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法

テックアカデミーの受講料金は最低でも10万円ちょっとするので、できれば安く済ませたいとこ路ですよね。

実はテックアカデミーには受講料金をお得にする割引制度がいくつかあります。

 

テックアカデミーの割引制度

  1. 学割:社会人と比べて最大8万円OFF
  2. 先割:1ヶ月以上前の申し込みで8%OFF
  3. トモ割:友人と一緒に申し込みで1万円OFF
  4. 無料説明会割:説明会動画を視聴することで1万円OFF
  5. 無料体験割:無料体験に参加することで1万円OFF
  6. セット割:複数コースの同時申し込みで最大6万円OFF
  7. ウケ放題割:24週間15コースがウケ放題でお得

 

1つずつ解説しますね。

 

学割:社会人と比べて最大8万円OFF

テックアカデミーの料金は学割が適用されていて、学生の方が社会人と比べて受講料が安いです。

学割により社会人と比べて最大8万円お得に受講できます。

 

  • 4週間プラン:2万円の差
  • 8週間プラン:4万円の差
  • 12週間プラン:6万円の差
  • 16週間プラン:8万円の差

 

ですので、現在学生の人でプログラミングを学びたいなと考えてこのページを開いたあなたはチャンスです。

料金がお得な学生のうちに受講しましょう。

 

「そんな大金、用意できないよ…」

 

という学生さんに向けて、テックアカデミーでは分割払いも対応しています。

学生であれば月々5000円で受講することができるので、アルバイトと並行しながら充分受講できる範囲の金額です。

詳しくは後ほど解説します。

 

先割:1ヶ月以上前の申し込みで8%OFF

先割:1ヶ月以上前の申し込みで8%OFF

先割(サキワリ)は受講開始より1ヶ月以上前に先行申し込むことで受講料が8%割引される制度です。

先割が受けられるのは8週間・12・16週間プランで、4週間プランは先割の対象外です。

先割を利用すると最大で23,920円お得になります。

 

注意点としては申し込み後にシステムにログインしてしまった後はキャンセル(返金)ができないことです。

申し込みしてから後悔することがないよう、事前に確認した上で先割を利用しましょう。

 

トモ割:友人と一緒に申し込みで1万円OFF

テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法|トモ割:友人と一緒に申し込みで1万円OFF

トモ割は同僚や友人など一緒に受講することで受講料が10,000円割引になる制度です。

トモ割は同じコースを受ける必要がないので、友人と学びたいコースが違っていても適用対象になります。

 

「一緒に受講してくれる友人なんていないよ!」

という人は、ここだけの話、TwitterなどSNSを使って一緒に受講する人を募ってみると良いかも。お互い得する制度なので共感してくれる人もいますよ。

 

割引額としては先割の方が大きいですが、申し込んでから1ヶ月待たずにすぐ受講を始めたいという人に「トモ割」はオススメの制度です。

 

無料説明会割:説明会動画を視聴することで1万円OFF

テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法|無料説明会割:説明会動画を視聴することで1万円OFF

無料説明会の動画を視聴するだけで受講料が1万円割引されます。

以下のリンクから検討中で興味があるコースを選び、メールアドレスを登録するだけ。

送られてくるメールに添付されたリンクから申し込みをすればOKです。

>> TechAcademy(テックアカデミー)の無料説明会動画はこちら

 

無料体験割:無料体験に参加することで1万円OFF

テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法|無料体験割:無料体験に参加することで1万円OFF

テックアカデミーの無料体験に参加すると受講料1万円の割引が受けられます。

また、無料体験に含まれている現役エンジニアとのビデオメンタリングを受けることでAmazonギフト券500円分がもらえます。

体験申し込みも1分でできるので簡単です。※無料体験については「テックアカデミー無料体験の内容がヤバイすぎる【受けなきゃ損】」の記事で詳しく解説しています。

 

プログラミングが無料体験できて、割引も受けられて、Amazonギフト券ももらえるなんて、受けなきゃ損です。

 

\ 7日間の無料体験! /

テックアカデミーの無料体験に申し込む

※自宅にいながら体験できる
※オンライン学習システムを全て体験可能

 

セット割:複数コースの同時申し込みで最大6万円OFF

セット割:複数コースの同時申し込みで最大6万円OFF

セット割とは、複数のコースを同時に申し込むことで割引が受けられる制度です。

セット割は2セット割と3セット割があり、2セット割は1コースずつ受講した場合に比べて最大6万円、3セット割は最大11万8千円お得に受講できます。

 

とはいえ、なんとなくお得に聞こえますが、個人的にはこれからプログラミング勉強を始める人には複数コースの受講は必要ないと考えています。

セットコースを利用する価値があるのは30歳を超えている人

セットコースについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

ウケ放題割:24週間15コースがウケ放題でお得

ウケ放題割:24週間15コースがウケ放題でお得

ウケ放題とは、全15コースを24週間の間は自由に組み合わせて受けることができる制度です。

受講料金もかなりお得で、単体でコースを申し込む場合と比べて100万円単位で安くなります。

 

ですが、こちらもセット割と同様、個人的にはこれからプログラミング勉強を始める人には必要ないですね。

価値があるのは「ある程度プログラミングを理解している中・上級者」です。

ウケ放題コースの詳細については以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

注意:割引の併用はできない

先割、トモ割、無料体験割、無料説明会割による割引は併用できず、どれか1つだけの適用になります。

学割、セット割、ウケ放題割引きでお得になった料金に対して、さらに割引を受けることはできます。

 

結論:先割が一番お得

テックアカデミーをお得に受けられる割引制度について解説しました。

まとめると、

  • 1番割引額が大きいのは「先割」で、それ以外のトモ割、無料体験割、無料説明会割は同じ1万円の割引

です。

ですので、料金を1番お得に受講したい人は先割を利用しましょう。

 

注意点として、申し込み後にシステムにログインしてしまった後はキャンセル(返金)ができないことです。

先行申し込みをすることで安く受講することはできますが、キャンセルが効かないので注意。

 

ですので、申し込みしてから後悔することがないように。無料体験カウンセリングを事前に受けて不明点を解消しておきましょう。

 

\ 7日間の無料体験! /

テックアカデミーの無料体験に申し込む

※自宅にいながら体験できる
※オンライン学習システムを全て体験可能

 

\ 現役エンジニアに無料で相談 /

テックアカデミーの無料キャリアカウンセリングに申し込む

※自宅にいながら気軽に相談ができる
※エンジニア転職で平均67万円の年収アップ

 

テックアカデミーの料金支払い方法【分割払いも可能】

テックアカデミーの料金支払い方法【分割払いも可能】

 

テックアカデミーの受講料金は分割払いが可能です。

分割払いは、3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回から選べます。

 

例えば、「Webアプリケーションコース」を8週間で受講する場合、最大の分割回数の24回払い(2年)とすると、月々の支払いは以下のようになります。

  • 社会人:10,375円
  • 学生:7,875円

 

さらに、より料金が安い4週間コースを最大の分割回数の24回払い(2年)とすると、月々の支払いは以下のようになります。

 

  • 社会人:6,209円
  • 学生:5,375円

 

この金額であれば、社会人なら1回飲み会に行かなければお小遣いから捻出できる範囲、学生であれば、時給800円のアルバイトでも10時間(≒2日)働ければ払える金額ですよね。

 

テックアカデミーの受講料金はクレジットカードを使って分割払いが可能で、月々の支払額を1万円以下に抑えることができます。

 

一括払いも可能

もちろん分割払いではなく一括払いもできます。

一括払いであればクレジットカード払い以外も可能です。

 

一括払いの方法

  • クレジットカード払い
  • コンビニ決済
  • 銀行振り込み
  • ビットコイン決済

 

請求書・領収書の発行もできる

テックアカデミーの受講料支払い時に請求書・領収書の発行ができます。

副業して自分で確定申告している人や個人事業主の人は経費として計上することができますよね。

サラリーマンや学生の人にはあまり関係ないかもしれませんが、知っておくと便利です。

 

テックアカデミーの料金を分割払いするときの3つの注意点

テックアカデミーの料金を分割払いするときの3つの注意点

テックアカデミーの料金を分割払いするときに知っておくべき注意点が3つあります。

 

  1. 分割払いはクレジットカード払いだけ対応
  2. 分割払いができるのはVISA、Master、一部のJCBカードだけ
  3. 分割払い回数が増えると手数料も増える

 

分割払いはクレジットカード払いだけ

テックアカデミーで分割払いに対応しているのはクレジットカード払いだけです。

世の中には以下のような他の分割払いもありますよね。

 

  • 銀行振り込みの分割払い
  • 口座引き落としの分割払い
  • ショッピングローンの分割払い

 

ですが、テックアカデミーでは対応していません。

分割払いをしたい方はクレジットカードを準備しましょう。

 

分割払いができるのはVISA、Master、一部のJCBカードだけ

分割払いはすべてのクレジットカードでできるわけではありせん。

VISA、Masterカードは対応していますが、JCBは楽天カードだけ分割払いに対応しています。

 

分割払いをしたい方は対応しているクレジットカードを準備する必要があります。

 

分割払い回数が増えると手数料も増える

分割払い回数が増えるほど分割手数料が高くなります

分割手数料はクレジットカード会社によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。

 

テックアカデミーの料金を分割払いするときの3つの注意点|分割払い回数が増えると手数料も増える

参考:楽天カードの分割手数料

 

例えば、楽天カードで分割払いをする場合、「Webアプリケーションコース」を8週間、24回払いした場合、分割手数料は約4万円ほどです。

 

とはいえ、総額から見たら大きな負担ではありません。

受講しなくてはなにも始まらないので、後から回収できる先行投資だと思えば安いものですよね。

 

受講前に知っておきたいテックアカデミーの費用に関する3つの注意点

受講前に知っておきたいテックアカデミーの費用に関する3つの注意点

テックアカデミーを受講するには受講料以外にも費用が必要になるケースがあります。

具体的には以下の3つです。

 

  • パソコン購入費用や通信費がかかる
  • 学習期間中の生活費を用意しておく
  • 期間を延長する費用が高い

 

パソコン購入費用や通信費がかかる

テックアカデミーを受講するためには以下の条件を満たすパソコンとインターネット接続できる環境が必要です。

 

  • インターネットに接続できること
  • Google Chromeブラウザが動作すること
  • Webカメラが利用できること

 

パソコンを持っていない人は購入するための費用が発生します。また、インターネット接続するための通信費用も必要になります。

また、メンタリングにはWebカメラが必要です。カメラが内蔵されているパソコンであればOK、なければWebカメラは家電量販店などで2000円ほどで購入できますので事前に準備しましょう。

コースによってはパソコンがMac限定だったり、photoshopなどのツールが必要になったりするので、事前にコースの参加条件を確認しましょう。

 

学習期間中の生活費を用意しておく

テックアカデミーのコースはどの受講期間を選んでも学習内容は変わらず、160時間の学習時間が設定されています。

例えば、4週間コースの場合に必要な学習は

 

  • 1週間あたり:30〜40時間
  • 1日あたり:5.3時間

 

上記のように1日の多くの時間を学習に使うことになるので、アルバイトをする時間がなくなるかもしれませんよね。

学習期間中の最低限の生活費は貯めてから受講するようにしましょう。

 

期間を延長する費用が高い

期間内にコースの学習が終わらなかった場合、追加費用を払うことで受講期間中と同じサポートを受けられる追加のメンターサポートの期間を延長することができます。

ただし、4週間で69,000円と高額です。

 

  • 最初から8週間コースを申し込んだ場合:199,000円
  • 4週間コース → 4週間延長した場合:218,000円

 

上記の通り、追加で期間を延長するより最初から期間が長いコースを申し込んだ方が安く済みます。

不安がある人は受講期間を長めにしておくと良いですね。

 

さいごに:テックアカデミーの料金は未来への「先行投資」エンジニアへの第一歩を踏み出そう!

さいごに:テックアカデミーの料金は未来への「先行投資」エンジニアへの第一歩を踏み出そう!

本記事ではテックアカデミーの料金が高額で悩んでいるあなた向けに、テックアカデミーの料金について徹底解説しました。

本記事の内容を振り返ると、

この記事のまとめ

  • テックアカデミーの料金は1コースあたり「10万円〜30万円」
  • エンジニア転職保証付きコースの料金は「298,000円」
  • 「えっ…料金高くない…?」と思ったあなたへ【エンジニアは稼げます】
  • テックアカデミーの料金をお得にする7つの割引方法
  • テックアカデミーの料金支払い方法【分割払いも可能】
  • テックアカデミーの料金を分割払いするときの3つの注意点
  • 受講前に知っておきたい!テックアカデミーの費用に関する3つの注意点

でした。

 

さいごに、大事なことを1つ

 

最初は高額に見えたテックアカデミーの料金も、他のスクールと比べても安い料金設定で、平均給与が高いエンジニアを目指すためなら安い先行投資である、ということが分かりましたよね。

ですが、ここで満足して行動しなければ残念ながら何も変わりません

次は「行動すること」が必要です。

 

あなたがテックアカデミーでプログラミングを身につけようと思ったのはなぜですか?

「忙しいのに給料が低い今の生活から脱却したい…」

「プログラミングができるエンジニアに憧れている!」

「フリーランスとして在宅ワークなど自由な働き方を手に入れたい!」

そういった思いがあるからではないでしょうか?

テックアカデミーを使えば、あなたが憧れた生活を手に入れるチャンスなんですよ?

行動しなければもったいないんです。

 

それでもまだ迷ってしまう人に向けて、テックアカデミーでは無料体験とカウンセリングを行っています。

無料体験&カウンセリングで解決できること

  • 「プログラミング未経験の自分でも学習についていけるだろうか...?」
  • 「学習の進め方が自分に合っていて、途中で分からなくなったりしないだろうか...?」
  • 「働きながらでも諦めずに最後まで受講できるのだろうか...?」

そういった受講前の不安は無料体験を受けることで解消できますよ。

 

無料なのでリスクはゼロ、受けなきゃ損ですよね。

申し込みは以下のリンクからできて、1分で申し込みできます。

悩んでいる間に、あなたが受けることができたはずの席はどんどん埋まってしまいますよ

申し込まずに後悔するより、ダメもとで申し込んでみましょう。

 

チャンスを逃したくない方はこちら

>> テックアカデミー(TechAcademy)の無料体験に申し込む

 

\ 7日間の無料体験! /

テックアカデミーの無料体験に申し込む

※自宅にいながら体験できる
※オンライン学習システムを全て体験可能

 

エンジニアになって理想の生活を掴みたい方はこちら

>> TechAcademy(テックアカデミー)無料キャリアカウンセリングに申し込む

 

\ 現役エンジニアに無料で相談 /

テックアカデミーの無料キャリアカウンセリングに申し込む

※自宅にいながら気軽に相談ができる
※エンジニア転職で平均67万円の年収アップ

 

-プログラミング
-,

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.