テックキャンプ

テックキャンプはエンジニア転職できないという噂は本当?【解決策あり】

テックキャンプはエンジニア転職できないという噂は本当?【解決策あり】

テックキャンプエンジニア転職

未経験から10週間でITエンジニアになれる人生を変えるプログラミングスクール。10週間で600時間の学習量は業界随一。未経験からでも現場で戦力として活躍できるスキルを身につけることができる。ハードスケジュールを乗り切れば大きな見返りが待っている。本気で人生を変えたいなら、テックキャンプへ。

 

テックキャンプを受講しようか迷っている人

「テックキャンプを受講しようと考えているんだけど、本当に転職できるのかな?転職成功率98%のはずなのに「転職できない」という噂をネットで見かけたらか不安。。。」

 

この記事ではそういった悩みを解決します。

 

この記事でわかること

  • テックキャンプはエンジニア転職できないという噂の真相
  • テックキャンプで転職できる人・できない人の違い
  • テックキャンプで転職できないとどうなる?

 

記事の信頼性

プログラミングスクールの調査による知識、プログラミングスクールの受講経験、さらには現役エンジニアの視点から会社で求められるスキルや知識を知っているので、プログラミングスクール選びにはかなり信頼性の高い情報をお伝えすることができます。

 

テックキャンプエンジニア転職の受講を考えたものの、評判を調べてみたところ、SNSやネットで「テックキャンプに通ってもエンジニア転職できなかった」「無駄だった」という声が気になって、迷っているあなた。

 

テックキャンプは転職成功率99%の実績があるプログラミングスクールで、100人中99人は転職に成功します。

ですが、100人中1人はテックキャンプに通ってもエンジニア転職に失敗した人がいるのは事実です

ですので、あなたがテックキャンプを受講して転職に失敗しないためには、失敗してしまった人の特徴を理解し、対策をすることが重要です。

テックキャンプの活用方法を知らずに受講を決めてしまうと、エンジニア転職に失敗してしまい、結局時間もお金も無駄にしてしまうハメに…

 

そこで本記事では、テックキャンプでエンジニア転職できない?という噂の真相について解説します。

 

  • テックキャンプはエンジニア転職できないという噂の真相
  • テックキャンプで転職できる人・できない人の違い
  • テックキャンプで転職できないとどうなる?

 

本記事を読むことでテックキャンプで転職に失敗しない方法が分かりますよ。

 

\ 本気で人生を変えるチャンス /

テックキャンプ無料カウンセリングに申し込む

※19時以降は予約が埋まりやすいのでお早めに

 

テックキャンプはエンジニア転職できないという噂は本当?

テックキャンプは転職成功率99%の実績があるプログラミングスクールですが、受講したからといって誰でもエンジニア転職できるというのは間違いです。

もし、受講してからカリキュラムだけをやっているようであれば、転職できたとしても良い企業には入れないでしょう。

 

とはいえ、テックキャンプには手厚い転職サポートやテックキャンプの提携企業の紹介があるので、うまく活用できていればエンジニア転職に成功しやすいと言えます。

そこで、テックキャンプの転職サポートについて詳しく解説していきます。

 

転職サポートの内容

テックキャンプでは、プログラミング学習からエンジニア転職できるまで徹底的にサポートしてくれます。

具体的な転職サポートは以下の通りです。

 

転職サポートの内容

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接練習
  • カウンセリングを通して自己分析
  • 受講生に合う企業を紹介
  • 困ったことがあればいつでも相談できる

 

テックキャンプの転職サポートでは、専属のキャリアアドバイザーが転職できるまで二人三脚の状態で転職活動を行います。

具体的には、対談を行い自分の強みを洗い出したり、今後のキャリアを明確にしたりして自己分析を行います。ここで話したことベースに、自分に合う企業を探していきます。

 

また、1人では中々難しい面接練習にも、時間をかけて対応してくれます。

面接練習は、内容だけでなく言葉遣いや仕草など細かくアドバイスをしてくれます。面接練習後にはビデオ動画を撮って送ってくれるので、見返して自分が答えれなかったところや悪い部分に気づいて改善することできます。

 

その他にも困ったことや分からないことがあれば、気軽に相談できるので不安を解消してくれます。

ただし、あくまでもサポートのため、自己分析や面接などのサポートをうまく活用できるかは、自分の力ということを忘れないでください。

 

スクールとの提携企業は入りやすい?

テックキャンプでは提携企業を紹介しているので、有名企業やベンチャー企業にも比較的入りやすいです。

ちなみに、テックキャンプでは以下のような企業と提携しています。

 

テックキャンプの提携企業

  • NewsPicks
  • チームラボ株式会社
  • Lancers
  • U-NEXT
  • DMM

 

テックキャンプが上記のような有名企業とも提携できているのは、過去の受講生が良かったためと言われています。

テックキャンプの受講生は、他のスクールより学習時間が多い600時間の学習を行なっています。

そのため、他のスクールより技術力や学習意欲の高いと評価されているようです。

 

また、提携企業の多くがRubyというプログラミング言語を使ったモダンな企業が多いです。

Rubyは短い時間で開発しやすいという特徴があり、勢いのあるベンチャー企業やリモートワークを取り入れている企業が多い傾向にあります。

ちなみに、テックキャンプではRubyを中心にプログラミング学習を行なっています。

 

とはいえ、提携企業に自分とマッチしない場合もあるので、自分が求める企業に入るためには個人でも企業を探して行く必要があります。

 

テックキャンプで転職できる人・できない人の違い

同じ期間にテックキャンプを受講した人でも、何社も内定を取れる人と転職できない人がいます。

 

結論から言うと、カリキュラムの他に努力してきたかというところになります。

スクールから転職する人は非常に多く、カリキュラムだけ行っている人は周りと同じで企業から欲しいと思われる人材にはなれません。

 

ここでは、転職できる人はカリキュラム外で何をしているか詳しく開発していきます。

 

質問できる人

まずは、学習や面接などでうまく質問ができているということです。

ただ質問するのではなく、相手に分かりすい質問ができるということが重要なポイントになります。

 

例えば、エラーが起きた際に転職できない人は「エラーが出ました。どうすればよろしいでしょうか?」と答えるケースが多いです。

こういった質問は、内容が見えないので相手に負担をかけてしまいます。

 

反対に転職できる人は、どの箇所がエラーか、何をしたからエラーが出たのかを伝わえるように質問しています。

「◯◯の機能で◯◯を導入しようとした際、◯◯といったエラーが出ました。個人的にも◯◯したり◯◯したりしましたが、解決できませんでした。どうすればよろしいでしょうか?」

 

上記のような具体的に伝える質問できれば、相手の負担を最小限に抑えることができます。

 

このように相手に負担をかけない質問をスクールの段階で癖づけている人は、企業は入っても愛されやすい人材になれます。

転職活動には関係ないと考えるかもしれませんが、相手目線で質問できる人は面接時であっても相手の目線に立って質問や回答できています。

 

ポートフォリオの作り込みに力を入れた人

エンジニアの転職活動では、技術力を証明できるポートフォリオは作り込んでおけばかなりの武器になります

 

テックキャンプでは、最終課題としてフリマアプリを制作していきます。このフリマアプリは、転職活動に役に立つポートフォリオとして企業に提出することができます。

 

しかし、フリマアプリに関しては、受講生の中でも完成度が全く変わってきます。

最低限の機能だけで終わる人もいれば、他の人と差をつけるためにいいね機能などを追加したり、セキュリティー対策を強化したりとアプリの質も良くするために学習している人もいます。

 

ここでの技術力の差はそのまま転職活動に大きく関わってきます

追加する機能などに関しては、テックキャンプの方で教材を用意してくれます。そのため、努力次第で他の人よりも高い技術力を持って転職活動することができます。

 

ただ、注意して欲しいポイントして、テックキャンプのフリマアプリをそのまま提出しても他の受講生と被ってしまい面接官の印象に残りません

時には、スクールのポートフォリオと分かった時点で、無条件に落とす企業も多いです。

 

反対に、魅力的で工夫されたポートフォリオを作ることができれば、努力と技術力のアピールに繋がります。

実際にポートフォリオを作る際は、誰かの悩みを解決したり、最新の物を取り入れたりと工夫が見えるようにオリジナルのアプリケーションを制作しましょう。

 

積極的に学ぼうとする姿勢

学習において受け身の人と何事にも積極的に学ぼうとする人では、学習の質が大きく変わってきます

プログラミング学習を始める上で学習方法や環境も大事ですが、一番は自分から進んで吸収していく姿勢が重要です。

 

転職に成功する人は、カリキュラム内容をそのままこなすのではなく他に活用する方法ないのか、より良くすることはできるかと考えながら学習しています。

こういった思考で学ぼうとしている方は、ポートフォリオのレベルが高いです。

 

実際に内定を何社も取っている人は、スクールのカリキュラムの学習以外にも休日や学習終了後にプログラミングの知識や情報を取り入れていました。

そのため同じ学習期間であっても、覚えた技術を応用できたり、他の人にはないアイディアがあり、他の受講生と差をつけて転職に成功していました。

 

テックキャンプで転職できないとどうなる?

テックキャンプでは全てのカリキュラムを完了して、キャリアサポートを利用した上で6ヶ月間が経過した方で転職できなかった場合、全額返金保証を受けることができます。

ただし、以下のような場合は全額返金保証を受けることはできません。

 

返金保証が受けられない人

  • カリキュラムを期限以内に終わらせない場合
  • 転職期間中の6ヶ月、選考の結果1社も内定でない場合
  • テックキャンプが実施するセミナーに無断欠席した場合
  • 連絡が5日以上取れなかった場合
  • テックキャンプが設定した企業との面接を断る場合
  • 健康状態、病歴、犯罪履歴などに問題がある場合
  • 就職意思がないと判断された場合
  • 利用規約に反する禁止行為があった場合

 

上記を見る限り、そこまで難しくはない条件に見えますが、全ての条件に当てはまるのは難しいと言えます。

 

1番注目していただきたい部分として「就職意思がないと判断された場合」というポイントです。

自分は転職活動していたとしても、自分で転職する地域を絞ったり、応募や面接回数が少なかったりすると就職意思がないと判断されます。

全額返金保証を受けたいと考えている方は、事前に正式の規約に目を通すか、テックキャンプの方に直接確認を取るようにしましょう。

 

\ 本気で人生を変えるチャンス /

テックキャンプ無料カウンセリングに申し込む

※19時以降は予約が埋まりやすいのでお早めに

 

-テックキャンプ
-

© 2021 ドナブログ Powered by AFFINGER5