プログラミング

Visual Studio Code(VSCode)のインストール手順【Mac】

Visual Studio Code(VSCode)のインストール手順【Mac】

Visual Studio Code(VSCode)をMacにインストールした際の手順をまとめました。

 

Visual Studio Code(VSCode)とは

通称「VSCode」と呼ばれるMicrosoft社製のテキストエディタ『Visual Studio Code』。

現役エンジニアの私からすると、VSCodeはエンジニアの「3種の神器」の1つとも言えるほど使い勝手の良いツール。

VSCodeの特徴。

  • 起動が軽い
  • 豊富なExtensionsによる使用者好みのカスタマイズ
    • 例: HTML,CSSを触るWebデザイナー
    • JavaScript, Rubyを触るサーバサイドエンジニア
    • READMEなどのMarkdown形式のドキュメント作成
  • Windows/Mac/Linuxのクロスプラットフォームで利用可能
  • Docker,Gitなど開発必須ツールとの親和性が高い

やりたいこと

  • Visual Studio CodeをMacへインストールする

環境

  • Mac OS Big Sur (ver 11.01)

インストール手順

1. 事前準備:OSのアップデート

2020/12時点では、MacOSは10.10以上が必要です。アップデートしていない方は先にアップデートする。

OSのバージョンチェック

2. Visual Studio Codeのインストーラをダウンロード

Visual Studio Code公式ページよりインストーラをダウンロードします。

Visual Studio Code ダウンロードページ

Download for Macをクリックしてダウンロード開始。

VSCode Download for Mac

3. インストール

ダウンロードが完了すると、右下の”ダウンロード”に「Visual Studio Code」ができます。

VSCode download finish

お好みで、「アプリケーションフォルダ」に移したり、Dockに固定したりしましょう。

アプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップ

4. 起動

Visual Studio Codeをクリックすると起動します。

途中で、「インターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と尋ねられた場合は「開く」をクリック。

※App Store意外からダウンロードしたアプリケーションを開くときに確認されるものです。開発元はMicrosoftなので安心して利用してOK。

ダウンロード元の確認ダイアログ

 

インストールが完了すると勝手にVisual Studio Codeが起動すればOK。

 

Visual Studio Code for Mac ダウンロード完了

 

Visual Studio Codeのインストールと合わせてやっておきたいこと

プログラミングフォントを設定する

プログラミングをするならプログラミングフォントを使うのがおすすめです。

エディタや環境によって違うフォントを利用すると思わぬ不具合に遭遇するので、どの開発環境でも同じフォントを設定するのが良いです。

個人的なおすすめはRictyDiminished

 

テックアカデミー(TechAcademy)

現役エンジニアから学べるオンラインに特化したプログラミングスクール。オンラインプログラミングスクールの受講者数は業界No.1。講師は全員、通過率10%の選考に合格した現役エンジニア。確かなスキルをもとに受講生をマンツーマンサポートします。



DMM WEBCAMP

働きながらITエンジニア転職を目指せる転職補償付きのプログラミングスクール。学習サポートのエキスパートであるライフコーチによる的確な学習サポートと、転職成功率98%の実績を持つエンジニア転職に特化したキャリアアドバイザーの強力な転職活動のバックアップ体制は受講生から高い支持を受けています。



ヒューマンアカデミー

働きながらエンジニア就職を目指してプログラミングスキルを身につけることができるスクール。未経験からの就職成功率は90.6%という高い実績を誇ります。独自の映像教材によりスキマ時間を活用した学習が可能です。オンラインでの学習に加え、全国に29校舎展開された教室で講師に直接質問や、キャリアの相談をすることも可能なスクールです。

-プログラミング

© 2021 ドナブログ Powered by AFFINGER5