プログラミング

Visual Studio Code(VSCode)のインストール手順【Mac】

Visual Studio Code(VSCode)のインストール手順【Mac】

Visual Studio Code(VSCode)をMacにインストールした際の手順をまとめました。

Visual Studio Code(VSCode)とは

通称「VSCode」と呼ばれるMicrosoft社製のテキストエディタ『Visual Studio Code』。

現役エンジニアの私からすると、VSCodeはエンジニアの「3種の神器」の1つとも言えるほど使い勝手の良いツール。

VSCodeの特徴。

  • 起動が軽い
  • 豊富なExtensionsによる使用者好みのカスタマイズ
    • 例: HTML,CSSを触るWebデザイナー
    • JavaScript, Rubyを触るサーバサイドエンジニア
    • READMEなどのMarkdown形式のドキュメント作成
  • Windows/Mac/Linuxのクロスプラットフォームで利用可能
  • Docker,Gitなど開発必須ツールとの親和性が高い

やりたいこと

  • Visual Studio CodeをMacへインストールする

環境

  • Mac OS Big Sur (ver 11.01)

インストール手順

1. 事前準備:OSのアップデート

2020/12時点では、MacOSは10.10以上が必要です。アップデートしていない方は先にアップデートする。

OSのバージョンチェック

2. Visual Studio Codeのインストーラをダウンロード

Visual Studio Code公式ページよりインストーラをダウンロードします。

Visual Studio Code ダウンロードページ

Download for Macをクリックしてダウンロード開始。

VSCode Download for Mac

3. インストール

ダウンロードが完了すると、右下の”ダウンロード”に「Visual Studio Code」ができます。

VSCode download finish

お好みで、「アプリケーションフォルダ」に移したり、Dockに固定したりしましょう。

アプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップ

4. 起動

Visual Studio Codeをクリックすると起動します。

途中で、「インターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と尋ねられた場合は「開く」をクリック。

※App Store意外からダウンロードしたアプリケーションを開くときに確認されるものです。開発元はMicrosoftなので安心して利用してOK。

ダウンロード元の確認ダイアログ

インストールが完了すると勝手にVisual Studio Codeが起動すればOK。

Visual Studio Code for Mac ダウンロード完了

-プログラミング

© 2021 ドナブログ Powered by AFFINGER5