30代サボリーマン&エンジニア 楽しんで稼ぐをモットーにブログ初心者向けのノウハウやマインドを発信

ドナちきブログ

ライフスタイル

ブレンドコーヒーって何?なぜブレンドするの?

投稿日:

1日3杯ぐらいはコーヒー飲んでる、コーヒー大好きドナちきです。

私は週末、喫茶店でのんびり過ごしていることが多いです。

そんないつもの週末、「ブレンドコーヒー1つください」とオーダーします。

…ん?ブレンドってなんだ?

「コーヒー好きとか言ってるのにそんなことも知らねーのかニワカかよ」

なんとなく、異なる種類の豆を混ぜているのは想像付くのですが、

なぜ混ぜる?ブレンドする?

と、ふと疑問に思ったのです。

そんな些細なことも知らずに30年生きてきましたサーセン。ちゃんと調べてまとめるので許してちょーだい!

ということです。いきましょう。

ブレンドコーヒーとは?

ブレンドコーヒーとはひとことで言うと、別々の産地で採れた複数のコーヒー豆を混ぜ合わせて作ったコーヒーです。

https://hackcoffeebeans.com/blendcoffee/

そうですよね!ここはイメージ通りです!

なぜブレンドするのか?

味を良くするため

昔までは余り物をただ混ぜ合わせただけの質の低いものが多くありましたが、最近ではより味を良くするためにブレンドされることが多いです。

https://hackcoffeebeans.com/blendcoffee/

単品では苦すぎたり、個性に欠けても、他のコーヒーをブレンドすることで、マイルドになったり、風味が上がる組み合わせがあります

https://lite.blogos.com/article/216269/

単独だと「クセが強い~」ものも、他のものと混ぜると格段に美味しくなるものってありますよね。カレーはその代表的なものではないでしょうか。

カレーを作るときも違う種類のルーをブレンドして作りますよね。より美味しく、味に深みやコクを出すためにブレンドしているのだと思います。

お店こだわりの味を作り出せる

一般的に2~3種類のコーヒー豆を配合することが多く、その組み合わせや比率を変えることで配合パターンは無限に考えることができます。どうコーヒー豆を配合すれば味や香りなどで各コーヒー豆の強みを引き出せるのか考えるわけです。

https://hackcoffeebeans.com/blendcoffee/

料理で例えると、ラーメンみたいなやつですかね?同じラーメンではあるが、スープは出汁の取り方や配合の仕方で味が変わるので、そのお店特有の味を作り出すことができると思います。

生産時期による変化を最小限に抑える

「大半の生産国では年に一度7月~9月にコーヒーが収穫されるため、新豆(ニュークロップ)は風味がガラッと変わりますが、その変化を最小限にするために、生産国によっては前年に収穫された豆と新豆をブレンドすることもあります」

https://lite.blogos.com/article/216269/

なるほど、味のムラをなくすということですか。

確かに、あるお店のこの味が食べたいと思ってお店に行くことがありますが、「ん?何かいつもと違う…」ってなるとちょっとショックですもんね。

同じ味を提供する努力、あざます!

ブレンドしないコーヒーは何と言うのか?

ここまではブレンドコーヒーについて調べてみました。

すると疑問に思うのは、ブレンドしないコーヒーは何というのか?ですよね。

ストレートコーヒー

ストレート珈琲というものは、1種類の珈琲を焙煎し、その珈琲の特徴を最大限引き出すというのが目的です。反面味に偏りがありますので、出来るだけ偏りを抑え、その個性をお楽しみいただきます。

http://cafekkg.com/coffeeq/018.html

言われてみると、ストレートコーヒーって良いところも悪いところもはっきりしている印象があります。

対照的に、ブレンドコーヒーはマイルドな味をしているものが多い印象です。より多くの人に親しみやすい味を提供したいということでしょうか。

私はストレートコーヒー好きですよ!

スペシャリティコーヒー

最近ではスペシャルティコーヒーブームが起きており、1つの産地で採れたコーヒー豆を使用したストレートコーヒーを好む人も増えています。その関係もあり、昔までは”ブラジル産”や”ケニア産”のように国単位で表現されることが多かったのですが、最近では”ブラジルの〇〇農園産”などのように農園名まで細かく分類されることも多いです。

https://hackcoffeebeans.com/blendcoffee/

最近だとお肉やお米とかも、県のブランドではなく牧場の名前入りで売られているものもありますよね。それと同じで、特にこだわりのある一品ということでしょう。

スペシャリティコーヒーはブレンドコーヒーと比べて値段が高いイメージがあります。

私が普段よく行く喫茶店も2割~3割ほど高い値段設定になっています。それだけ希少価値があるということだと思います。

一方で、好きか嫌いかは好みが分かれる味が多いですよね笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しは役に立ちました?

複数として、この記事の内容をまとめます。

  • ブレンドコーヒーとは数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせてコーヒーのこと
  • お店こだわりの味を作り出したり、時期による風味のばらつきを抑えるなどの効果がある
  • 1種類のコーヒー豆から作るコーヒーをストレートコーヒーという。コーヒー豆の特徴が最大限引き出せる
  • 産地だけではなく農園まで細かく分類されたコーヒーをスペシャリティコーヒーという

意外と身近なことって知らないことが多いんだなと改めて実感しました。

更に詳しく調べてみると、コーヒー豆の違いとか、ブレンドする豆による違いとか、いろいろ気になることにたどり着けるとと思います。

ただ、この記事ではお腹いっぱいなのでここで終了です笑

コーヒーは豆によっていろんな特性があるので自分好みの味を提供してくれるお店を探すのも一つの楽しみだと思っています。

そのための知識の一つとしてコーヒーのことをより詳しく知っていると、探す楽しみも大きくなるのではないでしょうか。

コーヒーうめえ!ありがとう!

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします!

-ライフスタイル
-

Copyright© ドナちきブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.