テックキャンプ

テックキャンプでエンジニア転職すると年収はいくら?【100万アップ】

テックキャンプでエンジニア転職すると年収はいくら?【100万アップ】

テックキャンプエンジニア転職

未経験から10週間でITエンジニアになれる人生を変えるプログラミングスクール。10週間で600時間の学習量は業界随一。未経験からでも現場で戦力として活躍できるスキルを身につけることができる。ハードスケジュールを乗り切れば大きな見返りが待っている。本気で人生を変えたいなら、テックキャンプへ。

 

テックキャンプを受講しようか迷っている人

「テックキャンプでエンジニア転職すると年収はいくらぐらいになる?」

「他のスクールから転職する場合と年収に違いはある?」

「テックキャンプを卒業して1000万目指すことはできる?」

 

この記事ではそういった悩みを解決します。

 

この記事でわかること

  • テックキャンプでエンジニア転職すると年収はいくらぐらいになる?
  • テックキャンプで転職後の年収を他のスクールと比較
  • テックキャンプに通って年収1000万は目指せる?

 

記事の信頼性

プログラミングスクールの調査による知識、プログラミングスクールの受講経験、さらには現役エンジニアの視点から会社で求められるスキルや知識を知っているので、プログラミングスクール選びにはかなり信頼性の高い情報をお伝えすることができます。

 

[プログラミングスクール]について調べたところ、テックキャンプ エンジニア転職が良さそうかなと思っているが、卒業後の年収がいくらぐらいになるか気になっているあなた。

SNSやネットでテックキャンプについて調べてみると、転職成功率99%とあるので確かにエンジニア転職は実現できそうですが、年収がどれくらいになるか不安ですよね…

 

実はエンジニアの平均年収が高いのは事実で、テックキャンプ エンジニア転職を卒業後に転職後1〜3年で平均年収144万円アップしたという実績があります

 

テックキャンプ エンジニア転職を卒業後に転職後1〜3年で平均年収144万円アップしたという実績

 

とはいえ、未経験の人が誰でも年収アップを実現できたかというと、そうではありません

転職直後は年収が下がってしまうケースが多いようです。

 

ですので、エンジニア転職後の年収がどうなるか、事前に把握しておくことが大切です。

未経験からエンジニア転職した場合の年収について詳しく知らずに受講してしまうと、卒業後のギャップですぐ諦めてしまうことになり、お金も時間も無駄にしてしまうハメに…

 

そこで本記事では、テックキャンプ エンジニア転職卒業の年収について解説します。

 

この記事を読むことでテックキャンプ エンジニア転職で前職より100万円以上年収をアップすることができますよ。

 

▼▼▼注目▼▼▼

2021年8月より、テックキャンプ エンジニア転職は厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付制度の対象となりました。

これにより、受講料金が「最大70%OFF」 「最大56万円OFF」で受講することが可能になります。

詳しくはこちらの記事で解説しているので要チェックです。

合わせて読みたい
テックキャンプ エンジニア転職の料金はいくら?【割引あり】
テックキャンプ エンジニア転職の料金はいくら?【割引あり】

  テックキャンプ エンジニア転職コースを受講しようか迷っている人 「テックキャンプ エンジニア転職の料金はいくら?」 「テックキャンプを安く受講する方法、割引はある?」 「テックキャンプの ...

続きを見る

 

 

\ 本気で人生を変えるチャンス /

テックキャンプ無料カウンセリングに申し込む

※19時以降は予約が埋まりやすいのでお早めに

 

テックキャンプでエンジニア転職すると年収はいくらぐらいになる?

テックキャンプを卒業後の年収について詳しく紹介していきます。

 

テックキャンプに通って年収をあげることに成功した方の例

テックキャンプでは、エンジニア転職に成功してから1〜3年の間で平均年収144万アップという結果が出ています。

実際にテックキャンプの公式ホームページでは、転職1年後に年収上がった事例が紹介されています。

 

テックキャンプに通って年収をあげることに成功した方の例

 

テックキャンプで年収アップした実例

  • 28歳で上場IT企業のサーバーサイドエンジニアに転職して年収76万アップ
  • 24歳で30名規模ITベンチャー企業に転職して年収106万円アップ

 

年齢問わず、年収が上がるケースが多いようです。また、前職のスキルが役に立てば、より高い年収が期待できるでしょう。

 

初年度の年収について

テックキャンプを受講してからエンジニア転職した場合の初年度の年収は300〜350万円になります。

 

未経験からエンジニアになる場合は、どこの企業も転職しても年収に違いはあまりないでしょう。もちろん、GoogleやAmazonなどのような有名企業は例外です。

 

初年度の年収が低いように感じるかも知れませんが、未経験の場合だと教育コストがかかる上に重要な仕事を任せられないので年収は低めです。

とはいえ、エンジニアとして実務経験をしっかり積んでいけば、2~3年目でも年収500~700万を目指すことも難しくありません。

 

より高い年収を目指すなら、開発経験が積めてプログラミングスキルが身に付く企業を選ぶ必要があります。

また、開発経験が積める優秀な企業に就職するには、学習量が重要になってきます。テックキャンプは学習内容が充実しているので、そういった企業にも就職しやすくなるでしょう。

 

一時的に年収が下がっても数年後にアップすることを目指す方がほとんど

前職からエンジニア転職する方の中には、前職よりも年収が下がってしまうケースも多いようです。

これはエンジニアに限ったことではないですが、前職から全く違う業種に移る際は未経験という扱いなるため、一時的には年収が下がってしまいます。

 

では、年収が下がるのにエンジニア転職を行なっている方が多いのでしょうか?

答えは簡単で、一時的には年収が下がりますが、数年後には前職よりも年収が高くなるためです

そのため、一時的にマイナスになっても長い目で見ればより高い収入を得られるようになっています。

 

具体的には、企業に就職してから2~3年目でも年収500~700万、フリーランスエンジニアとして活動すれば年収1000万を目指すこともできるでしょう。

年収が一時的に下がるデメリットはありますが、将来的に考えればエンジニアとして高い収入を得れるので賢い選択と言えるでしょう。

 

【高年収】テックキャンプでは有名企業の紹介もしてくれる

テックキャンプでは、有名企業への紹介もしてくれるので、有名企業への転職を成功させている方もいます。

実際に、テックキャンプの卒業生は以下のような有名企業などへ転職しています。

 

就職先の企業名平均年収
サイバーエージェント779万円
リブセンス541万円
DMM.com427万円
チームラボ450万円
マネーフォワード612万円
GMOクラウド428万円
LIFULL621万円
Newspicks609万円

参考:Indeed(インディード)

 

テックキャンプは他のスクールと比べて200~400時間も学習量が多いため、他のスクールと比べても就職先が充実しています。

また、上記で紹介した企業で役職クラスになれば年収1000万円超えも現実的なものになるでしょう。

 

テックキャンプで転職後の年収を他のスクールと比較してみた

テックキャンプで転職後の年収300〜350万と比べて、他のスクールとの転職後の年収に違いはあるのでしょうか。

 

プログラミングスクール平均年収
TechAcademy Pro300万前後
DMM WEBCAMP300〜350万
CodeCampGate250〜350万
侍エンジニア300〜400万

 

上記を見て分かる通り、スクールによっての初年度の年収の違いはあまりありません。

しかし、転職できる企業の幅はスクールによって大きく変わってきます。

 

エンジニアで年収を上げたいのであれば、自社開発企業や委託開発企業のような開発経験が身につく企業に転職することが重要です

エンジニアといって雑務を多く任せられる企業もあります。そういった企業に転職してしまうと、エンジニアとしての実務経験があまり積めずに年収は中々上がりません。

開発経験が積める企業と積めない企業では、初年度の年収が同じでもその後の年収の上がり方に大きく差が出てきます。

開発経験があまり身につかない企業へのエンジニア転職する際は、そこまで難易度は高くありません。反対に、開発経験やスキルが身につく企業への転職は人気のため少し難しくなるでしょう。

 

スクールを選ぶ際は年収ではなく、開発経験をしっかり積める企業に転職できるように"転職に強い"スクールを選ぶようにしましょう

ただし、転職に強いスクールは受講料が高い傾向にあります。とはいえ、エンジニア転職して開発経験を積んで年収を上げれば、十分に回収することができるでしょう。

 

テックキャンプに通って年収1000万は目指せる?

結論から言うと、テックキャンプからエンジニア転職してから年収1000万以上を稼ぐことはできます

そう言える理由として以下の2つの理由が挙げられます。

 

テックキャンプで年収1000万円を目指せる理由

  1. エンジニアが他の業種よりも高年収
  2. フリーランスエンジニアという働き方ができる

 

それでは一つずつ、詳しく見ていきましょう。

 

そもそもエンジニアは高年収

エンジニアの年収は他の業種と比べて高い傾向にあります。

 

dodaの「平均年収ランキング」の調査によると、ITエンジニア全体の平均年収は452万円という結果がでています。

全職種の平均年収は、409万円とされているため、比較すると1年で43万ほど変わってきます。

 

また、ITエンジニアの平均年収は、30代で511万、40代で615万と年齢が上がるにつれ年収が上がっています。

さらに、有名企業の管理職や上流工程に携わることできるようになれば、年収1000万以上も十分に可能です。

 

フリーランスエンジニアを目指せば年収1000万は珍しくない

開発経験を数年ほど積んでからフリーランスエンジニアになれば、年収1000万を超えることもできます。

もちろん簡単ではないですが、必要なスキルを身につけ正しい手順を踏んでいけば十分可能です。

 

開発経験があまりない状態では、年収1000万はほぼ不可能です。

そのため、しっかりと開発経験が積める企業に転職して数年働いてからフリーランスエンジニアになることがおすすめです。

 

また、開発経験があっても、案件をこなすだけでは1000万を稼ぐことは難しいです。

本当に稼げるフリーランスエンジニアになるには、以下のようなことも必要になります。

  • 営業力と交渉力
  • コミュニケーション能力
  • 人脈を広げる
  • スキルアップ

プログラミングを習得する以外にも、クライアントとうまくコミュニケーションを取ったり、うまく交渉して収入を上げたりといったことも必要になってくるで注意してください。

 

\ 本気で人生を変えるチャンス /

テックキャンプ無料カウンセリングに申し込む

※19時以降は予約が埋まりやすいのでお早めに

 

-テックキャンプ
-

© 2021 ドナブログ Powered by AFFINGER5