プログラミング

【初心者必見】プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】
プログラミング初心者
「プログラミングを勉強しようと思っているが、いろんな言語があってどの順番で勉強すれば良いか分からない。プログラミング言語を勉強する順番を知りたい」
「プログラミングを習得するオススメの勉強方法があれば教えて欲しい。」

 

今回はそういった悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】
  • なぜプログラミング言語を勉強する順番を意識する必要があるのか?
  • プログラミングを勉強する方法【手順を解説】
  • 【本音】プログラミングの勉強は難しい
  • 【ここだけの話】確実にプログラミングスキルを身につける手順

 

記事の信頼性

この記事を書いている私はエンジニア歴8年で、いくつかの異なる言語を使って製品開発を行っています。

そういった経験から、初心者でも学びやすい言語は何かをお伝えすることができます。

 

プログラミング言語を勉強しようと考えたものの、世の中にはたくさんの言語があり、どの言語から勉強したら良いか迷ってしまいますよね。

実はプログラミング言語には初心者でも理解しやすく習得しやすいものと、逆に初心者だと難しくて確実にハマってしまい、習得が難しい言語あります。

ですので、正しい順番で勉強しないと習得することができず、途中で挫折してしまうことも・・・。

 

そこで本記事では、現役エンジニアの私がオススメするプログラミング言語を勉強する順番をお伝えします

また着実なスキル習得を目指すため、『プログラミングを勉強する方法』について合わせて紹介します。

 

この記事を読むことで、プログラミングを着実に習得できる正しい順番で勉強を始められます。

 

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】

まず結論をお伝えすると、プログラミング言語を勉強する順番は『Web開発』で使われる言語から勉強することをオススメします。

具体的には以下の順番で勉強を進めます。

 

プログラミング言語を勉強する順番

  1. HTML&CSS
  2. jQuery(JavaScript)
  3. PHP
  4. その他の学びたい言語

 

この順番をオススメする理由と、それぞれがどういった言語なのか、1つずつ説明しますね。

 

HTML&CSS

まず最初はHTML&CSSから始めましょう。

 

HTML&CSSはWebページを作成するのに使われている言語です。

HTMLはWebページの文章構成を決め、CSSでデザインを作ります。

 

例えば、みなさんが読んでいるこの記事も、HTML&CSSで作られています。

というより世の中のほとんどのWebページはHTML&CSSによって作成されています。

補足

HTML&CSSは正確にはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語と呼ばれるものですが、ここでは簡単のためにプログラミング言語として扱っています。

 

HTML&CSSで出来ること

Webページの作成

 

関連記事【プログラミング】HTMLとCSSを習得できる3ステップ勉強法

jQuery(+JavaScript )

HTML&CSSを学んだ次は、jQuery(JavaScript )を学びます。

HTML&CSSでWEBページを作ることができますが、動きのあるページや変化があるページを作ることはできません。

そこで使われるのが『jQuery』と『JavaScript』です。

 

jQueryとはJavaScriptのライブラリの名前で、Webページ作成においてはほとんどjQueryが使われています。

jQueryとJavaScriptでは書き方も多少異なるので、jQueryから覚えてしまって良いです。

 

jQuery(+JavaScript )で出来ること

  • 動きのあるWEBページ
  • 複数ページからなるWEBページ

 

PHP

Webページが作成できるようになった次は、サーバーサイドで使われている言語を学びます。

サーバーサイドで使われる言語もいくつかありますが、オススメなのが『PHP』です。

 

PHPはWebサーバーと呼ばれる、Webページに関する情報を格納しているサーバー側で使われる言語です。

HTMLを作成したり、Web上で動作するプログラムを作ったりすることができます。

PHPは特にブログやECサイトと呼ばれるWEBサービスのサーバーで使われることが多いです。

当ブログはWordPressというシステムを使っていますが、ここにもPHPが使われています。

 

PHPで出来ること

お問い合わせフォームやECサイトといったWebサービスが作成できる

 

その他学びたい言語

PHPまで学習してWebサービスを一通り作成できるようになった後、他に習得したい言語があれば学習してみましょう

スマホアプリを作りたい人は『Swift』や『Java』、AIやデータ分析をやってみたい人は『Python』などがオススメです。

 

ここまでたどり着いた人であればプログラミングの基礎知識は十分身についています。

他の言語の習得も、全くの初心者の頃と比べてもスムーズに理解ができるようになっているはずです。

逆に最初から習得が難しい言語に手を出すと挫折しやすいので気をつけてくださいね。C言語とかC言語とか…

 

他にどんな言語があるかは、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

関連記事実際の開発で使われているプログラミング言語を目的別に紹介

 

なぜプログラミング言語を勉強する順番を意識する必要があるのか?

なぜプログラミング言語を勉強する順番を意識する必要があるのか?

「そもそもプログラミング言語を勉強するのに順番なんて必要?好きなものからやったらいいんじゃないの?」

というような疑問を持つ方もいるかと思います。

 

答えはNo。オススメしません。

理由は次の3つ。

 

プログラミングを勉強する順番を理解すべき3つの理由

  1. 初心者には挫折しやすい言語がある
  2. 勉強のしやすさが違う
  3. 稼ぎやすさ&働きやすさ

 

1つずつ解説しますね

 

初心者には挫折しやすい言語がある

1つめの理由はプログラミング言語によって学習した時の挫折のしやすが違うこと

なぜなら、プログラミング言語によって習得する難易度が違うから。

 

もともとプログラミング学習は難しいと言われていて、その中でも習得が難しい部類の言語を最初に勉強してしまうと、途中で挫折してしまう確率が高くなります。

今回紹介した言語と、私が使ったことのある言語を加えた中で習得難易度ランキングを作ると次のような感じです。

HTML&CSS < PHP・Ruby・Python・JavaScript < C# < Java <<< c++ <<< c

こんなイメージです。

上記の通り、HTML&CSSは非常に簡単な部類の言語なので、本記事では初心者にもオススメしています。

 

プログラミング言語によって習得の難しさが違うことを理解しましょう。

 

勉強のしやすさが違う

2つめの理由はプログラミング言語によって勉強のしやすさが違うこと。

なぜなら、作ったプログラムを実際に動かして確認するやりやすさが違うからです。

 

例えば、Web系の言語ではProgateというサービスを使って学習する場合は、ブラウザ上でプログラミング&動作の確認ができます。

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】|勉強のしやすさが違う

Progateはブラウザ上でプログラミングも動作確認もできる

 

Progateはプログラミング初心者が勉強を始めるのにオススメの学習サイトです。

現役エンジニアになった私も新しい言語を勉強する際は活用させてもらってます。

無料で始められるので気軽に試してみると良いですよ。

関連記事【Progate】HTML&CSSコースを現役エンジニアが学んでみた感想

関連記事Progateでプログラミングの独学はできる?←現役エンジニアが回答

 

一方のC言語など難しいと言われる言語は、コンパイラを始めとする、作成したプログラムを動かすための専用の環境が必要です。

 

また、分からないことにぶつかった時の解決のしやすさもWeb系の方が有利です。

 

プログラミング初心者のあるあるの悩み「分からないことを解決する方法が分からない」。

基本的にはWebで検索して解決する必要がありますが、答えが出てことないと困ってしまいますよね。

プログラミング初心者にとって、分からない事が多いほど途中でやめてしまう確率が高くなります。

Web開発に利用する言語であれば、初心者が悩むような問題に関しては、まず間違いなく答えが見つかります。

困った時に解決しやすいことも、勉強のしやすさに繋がります。

 

プログラミング言語によって勉強のしやすさが異なるので、勉強しやすい言語がら勉強を始めましょう。

 

稼ぎやすさ&働きやすさが違う

3つめの理由はプログラミング言語によって『稼ぎやすさ』と『働きやすさ』が違うこと。

そうです、Web系の言語は稼ぎやすいです。

 

Web系の言語が稼ぎやすい理由

  1. 開発案件数が豊富
  2. 短期間での開発が多い
  3. リモート&在宅勤務が可能

 

例えば、クラウドワークスでWeb系の開発案件を調べてみると、上記に当てはまるものが見つかります。

一方でC言語やJavaといった言語では、基本的には勤め先に常駐して開発を行うといった案件が多いです。

勉強する前にどんな開発案件があるか調べてみると、勉強でどれくらいのスキルを身につけたら良いかイメージが湧くのでオススメです。

 

プログラミング言語によって稼ぎやすさと働きやすさが異なります。

 

さらにプログラミング言語による違いについて知りたい方は以下の記事を合わせてご覧ください。

関連記事プログラミング言語の違いとは?5つの違いを解説【言語の選び方も分かる!】

 

そもそも、プログラミングを勉強するメリットは?

プログラミング言語を勉強する順番|そもそも、プログラミングを勉強するメリットは?

プログラミング言語を勉強する順番と、なぜ順番を意識する必要があるのか?について、簡単に説明しました。

 

ところで、そもそもプログラミングを勉強するメリットとは何でしょうか?

プログラミングを勉強するメリットを理解することで、勉強のモチベーションを上げることができます。

ここで改めて理解しましょう。

 

プログラミングを勉強することで、次の4つのメリットを受けるチャンスが生まれます。

 

プログラミングを勉強するメリット

  1. 20代でも年収1千万円を掴める
  2. 時間や場所にとらわれない働き方ができる(フリーランス)
  3. 就職・転職に困らない
  4. 高単価のアルバイト・副業ができる

詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事【断言】プログラミングはやらなきゃ損【今すぐやるべき5つの理由】

 

簡単に言うと、プログラミングを勉強することで、年収が上がり、自由な働き方をするチャンスが生まれると言うことです。

年収が増えて自由な働き方ができれば、自分の趣味に費やす時間が増えたり、気軽に旅行に出かけたりと、夢のような生活ができますよね。

プログラミングを勉強するメリットは非常に大きいので、習得できた際の将来の自分のなりたい姿を想像して前向きに勉強しましょう。

 

【初心者必見】プログラミングの勉強のやり方【手順を解説】

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】|勉強のやり方【手順を解説】

 

「プログラミング言語を勉強する順番は分かった。けど、どうやって勉強したら良いの?」

プログラミングを勉強する手順は以下の6ステップに従えばOKです。

 

プログラミングを勉強する手順

  1. PCを準備する
  2. 作りたいものを決める
  3. 勉強するプログラミング言語を決める【Web系推奨】
  4. 学習サイトで勉強する
  5. 本で知識を深める
  6. 有料会員になって勉強する

 

詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事プログラミングを独学で勉強する方法【現役エンジニアが解説します】

 

【本音】プログラミングの勉強は難しい

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】|プログラミングの勉強は難しい

ここまでプログラミングを勉強する順番や手順について解説してきました。

ですが、正直な話をすると、プログラミングの勉強は非常に難しいです。

 

というのも、私は今ではエンジニアとして働いていますが、過去にプログラミング習得を目指したものの2回挫折しています。

ちょっと自慢ですが、私は大学受験の時は塾に通うことなく独学で勉強し旧帝大に現役合格できました。

ですので、何かを独学することは得意だと思っていたタイプです。

そんな私でも「プログラミングを独学」することに関しては2回挫折したのです。

その経験を踏まえると、プログラミングの独学は無理ではないですが、難しいというのが本音で、100人いたら5人ぐらいしか成功しません

関連記事プログラミングの独学は無理ではない【現役エンジニアが断言】

 

ではどうすれば良いかというと、確実にプログラミングスキルを身につけられる手順を理解すれば良いのです。

しかも、ただ長い時間をかけて勉強するのではなく、短い期間でスキル習得を目指す方法です。

 

ここまで読んで頂いたあたなだけに、その方法を解説しますね。

 

【ここだけの話】確実にプログラミングスキルを身につける手順

プログラミング言語を勉強する順番【現役エンジニアのオススメ】|【ここだけの話】確実にプログラミングスキルを身につける手順

確実にプログラミングスキルを身につけたい人は、以下の手順でスキル習得を目指しましょう。

 

確実にプログラミングを習得する手順

  1. 独学でプログラミングのイメージを掴む
  2. プログラミングスクールを併用して成長を加速する
  3. エンジニアとして働きながらスキルを磨く

 

順に説明しますね。

 

独学でプログラミングのイメージを掴む

まずは独学でプログラミングの勉強を始めて、プログラミングのイメージを掴みます

変数だとか条件分岐だとか、プログラミングってこんな感じで作るんだ、といったイメージでOKです。

 

おそらく独学を始めてみると、エラーの解決方法など分からないことがたくさん出てきて悩むと思いますが、この時点ではそれで十分です。

大切なことは、プログラミングを教わるという考えではなく、『自分で学ぼうと行動を起こす』こと。

 

プログラミングを習得したい方、まずは必ず独学を始めてください。

 

プログラミングスクールを活用する

独学と併用してプログラミングスクールを活用して成長を一気に加速させます

プログラミングを勉強して成長が止まってしまうのは、分からないことを解決するのに時間がかかってしまうこと。

自分で調べて解決する力はエンジニアとして超重要ですが、ずっと悩んでしまっては意味がありません。

慣れの問題もあるので、初めのうちは分かる人にどんどん質問して解決した方が成長は早いです。

 

そこでオススメな方法が、メンターと呼ばれる分からないことを質問してサポートしてくれる支援がついていプログラミングスクールを活用することです。

講師のサポート付きプログラミングスクール

  • TechAcademy:オンライン完結で勉強できるスクールで、コースがとても充実。チャットで質問すればすぐに回答を得られるのが一番のおすすめポイント。
  • CodeCamp:一対一で受講できる個別指導のプログラミングスクール。マンツーマンなので自分のペースで学習できて、質問もその都度できるのがメリット。

どちらも無料体験&カウンセリングがついているので、まずは気軽に試してみて、自分に合いそうであれば継続利用を考えてみると良いです。

 

デメリットはお金が高いことですが、将来エンジニアを目指す方であればぶっちゃけ安い先行投資です。すぐに回収できますよ。

 

その他オススメのスクールも紹介していますので、自分に合った好みのスクールを探してみてください。

関連記事【現役エンジニア厳選】おすすめのプログラミングスクール3社【無料体験あり】

 

エンジニアとして働きながらスキルを磨く

最終的にはエンジニアとして働きながらスキルを磨くことを目指しましょう。

自分で勉強して学ぶスキルも重要ですが、やはり業務をしながらスキルを磨く方が成長も早いし、役立つスキルが身につきます

あとはなにより、お金をもらいながらスキルを磨けるというのがモチベーションに繋がりますよね(笑)

 

企業にエンジニアで勤めるもよし、副業エンジニアとしてフリーランスをするもよし。

エンジニアとして働きながらスキルを磨きましょう。

-プログラミング

Copyright© ドナちきブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.